最新ニュース & レビュー

音楽制作機材の注目情報をお届けします。


160115_korg_636_250

現地時間21日から24日までアナハイムで開催されるNAMM Show 2016に出展される新製品が、KORGから多数発表されました。

minilogue
81998c8c599447725d97b2bc8cdbcc31_pc
新世代4ポリフォニック・アナログ・シンセサイザー。

nanoKEY Studio
1414fe76ed4e40a58caecbb5847b3426_pc
MOBILE MIDI KEYBOARD

nanoKONTROL Studio
2d91578c4d349c9a90594153d661ec68_pc
MOBILE MIDI CONTROLLER

KRONOS Platinum
8772ba71075445abf49dfa131563921f_pc
MUSIC WORKSTATION

これらを中心にNAMM 2016ショーレポートWebサイトで詳細を公開中です!

KORG minilogue を発表!まるでデジタルシンセのように簡単操作の4ボイス・ポリフォニック・アナログ・シンセサイザー!
http://report.miroc.co.jp/namm2016/korgminilogue/

KORG NAMM 2016に出展の新製品を続々 発表!
http://report.miroc.co.jp/namm2016/160115_korg_namm/


KORG 次世代真空管 Nutubeを使った製品の登場もいよいよ秒読みの予感!NAMM 2016で新製品発表はあるのか?
http://www.miroc.co.jp/category/report/namm2016/



namm2016
今年もこの季節がやって参りました!NAMM 2016 スタートまでいよいよ10日を切りました。世界中の有名・無名のメーカーから最新製品の情報が日々発信されています!Rock oNでは毎年恒例の特集ページを作り、各社の情報をまとめています!さらに今年はサイトがリニューアルし、一覧表示はもちろん、iOSからも快適に見れるようになりました!熱狂の祭典に向けて盛り上がっていきましょう!

NAMM 2016 最新情報はこちらから!

AKAI Professional AXシンセ発売30周年記念で新モデルの予告や、タッチセンサーの次世代を指し示すTouché。そしてツウなシンセ好きにはたまらないFuture Retro FR-512などすでにマニア垂涎の情報が溢れていますよ!
list



1090-560-1

1月21日から24日までの4日間、アナハイムで開催されるNAMM 2016。Rock oNは今年もレポーターを派遣し現地から最新情報をお届けします!

Rock oNでは本番に備えて直前情報を発信中。徐々に明らかになっていく新製品の話題をお届けいたします!

そして今回から Webデザインを一新してさらに見やすくなるように工夫をこらしました。ぜひお楽しみください!

NAMM 2016 直前情報

AKAI Professional AXシンセ発売30周年記念で新モデルの予告や、タッチセンサーの次世代を指し示すTouché。そしてツウなシンセ好きにはたまらないFuture Retro FR-512などすでにマニア垂涎の情報が溢れていますよ!
list



160107_elecgtroharmonix_1060_417

Electro-Harmonix、略してエレハモがNAMM 2016を目前に発表した新製品は、ストンプエフェクトサイズのロータリースピーカーエミュレートエフェクター。Lester GとLester K の2機種です。製品名は Lesterですが、レスリーロータリースピーカーのサウンドを色気たっぷりに再現します。

エレハモは主にBigMuffに代表されるギターエフェクターのメーカーですが、シンセやオルガンにももちろん使えます。ライブやレコーディングにもうひとクセほしい方は注目ですよ!

もちろんローインピーダンス入力なのでギターに使うこともできます。

ジミヘンやクラプトンが使ったユニバイブはレスリースピーカーのサウンドを目指して作られていたもの。同じくLesterのサウンドもサイケでドリーミーですね。

Lester シリーズは共通してステレオ仕様。真空管の歪みを再現できるオーバードライブ、スピーカーの回転速度のFast / Slowの切り換え機能を持ちます。
兄機のLester Gはコンプレッサーと回転速度をじょじょに変化させるAcceleration controlスイッチを装備。弟機のLester Kはシンプルな機能でコンパクトボディとなっています。

Lester G

lester-g
– Ultimate rotary speaker emulator
– Fully featured compressor built-in
– Stereo/mono in/out
– Tube emulated overdrive
– Adjustable Fast and Slow modes
– Acceleration control
– High quality buffered bypass
– Includes EHX9.6DC-200 PSU
– Dimensions in inches: 4.75 (w) x 5.75 (l) x 2.5 (h)
– Dimensions in mm: 146 (w) x 121 (l) x 64 (h)

Lester K

lester-k-1
– Lush rotary speaker emulation
– Stereo/mono in/out
– Tube emulated overdrive
– Adjustable Fast and Slow modes
– Classic rotary speaker speed up and down
– High quality buffered bypass
– Includes EHX9.6DC-200 PSU
– Dimensions in inches: 4.0 (w) x 4.75 (l) x 2.25 (h)
– Dimensions in mm: 102 (w) x 121 (l) x 89 (h)


 

Lesterシリーズの価格と発売時期は未定ですが、デモ動画も公開されているためその日は近いのではないでしょうか。プラグインもいいのですが、たまにはギター用のフェクターを使ってみるとサウンドに幅が出るかもしれませんね。

Electro-Harmonix Lester G/ Lester K が発表されました。



160106_audiorealism_1060_471

1月21日から始まるNAMM 2016を目前に各メーカーが新製品を発表していますね。今日ご紹介するのは一時「世界で一番本物に近いバーチャルTB-303」と謳われたABLの最新版。ABL3はAudiorealismの公式Webサイトで¥13,527でダウンロード販売中です。

_1605283_orig

VSTとAUに対応するこのソフトシンセはこれまで定評を得てきたサウンドエンジンをさらにパワーアップ。そして本体シーケンサーのエディットを始めとしたエディット画面の操作性をUPさせました。

_2135332_orig

そしてスゴい機能の一つがWave analizer。オーディオデータをインポートすることでそれを解析し、シーケンスパターンを自動生成することができます。和音やノイズでは正確なアナライズは不可能でしょうが、レコードなどで聴けるアシッドフレーズや全く違う楽器のフレーズをシーケンスデータで取り込めば、自分の可能性を超えるフレーズができあがります!

※他にもバーチャルTBシンセはたくさん存在しますが、ディストーションをかけずにクリーンな状態で実物に迫るのはABLが筆頭です。バーチャルTBはぜひクリーンサウンドで選びましょう。

PVのテクノクラシックな雰囲気やGUIの「I(ハート) ACID」のレイヴィーなデザインも秀逸ですね。作者がいかにTB-303を崇拝してACIDサウンドの効用を理解しているかが分かります。今はリバイバルサウンドが流行ですが、TB-303は温故知新ではなく現在進行形のACIDサウンドの王者としていつまでも愛していきたいです。

Audiorealism ABL3 VST / AU デビュー!



160105_atv_1060_417

Rolandの創始者である梯 氏が立ち上げた新々ブランドATV。InterBEE2015にはビデオ関連の製品の出展がされるなど、じょじょに動きを見せてくれていましたが、期待の電子楽器の第一弾、エレドラのaD5のサウンドが聴けるPVが公開されました。

※aD5はエレドラの音源部分のみの製品です。ドラムパッドは各社のものを使います。

エレドラというとRolandのVDrumsが代表格ですが、動画で聴く限りaD5はそれに真っ向勝負するクオリティのようです。aD5はこの記事を作成現在開発中の製品。価格が気になりますね。NAMM2016ではさらに完成品に近づいたaD5の姿を見る事ができるかもしれません。楽しみです。

 

ATV aD5



160104_elektron_636_250

Elektronが本国WebサイトでAudio/CV Split Cable Kit を発表しました。価格は$25。本記事を作成現在日本での発売は未発表です。

Audio/CV Split Cable Kitはその名の通りオーディオもしくはCV信号を手軽に分配できる分岐ケーブル。

cable

この図で説明すると、左側にElektronを始め様々なアナログオーディオ出力やCV出力を搭載した機器をつなぐと、右側のように2つのモノジャック(1/4”)、2つのステレオジャック3(3.5mm)に同じ信号が出力されます。

とてもシンプルな機材ですが、これまでCV信号を分配する専用機器は選択肢が殆どなく、しかも本製品は$25という手頃な価格のため、アナログシンセを使うユーザーにとってはとても魅力的な製品になると思います。

今月後半にはお待ちかねNAMM 2016が待ち構えています。Elektronはさらに新製品を投入してくるのか。それも気になりますね。

パッケージ内容
・1 × cable adapter module, featuring a 3.5mm stereo plug and 2 × 3.5mm and 2 × 1/4” mono jacks
・1 × 3.5mm to 1/4” headphone plug adapter
・2 × 3.5mm to 1/4” TS cables

Elektron製品での使用方法参考
・Analog Rytm users wanting to connect the dual mono separate voice out jacks to a mixer or sound card.
・Analog Four users wanting to sequence external analog gear with the dual CV/Gate outputs.
・Octatrack users wanting to sample from consumer electronic devices featuring a 3.5mm headphone jack.

Elektron Audio/CV Split Cable Kit


記事を検索!

日々更新の膨大なニュースから、
記事を検索できます!

特集

製品レビュー、製品発表会、
Rock oNセミナーレポートなど
全ての記事 >>

店頭でリアルを体感し
プロダクトを選び抜け!

夢のスタジオを展示と共にご提案
全ての記事 >>

Rock oN Staff Blog

Rock oNスタッフがプロ視点で
各種製品にDeepに切り込む!

Rock oN Umeda Blog

一緒に作ろう!Rock oN Umeda
全ての記事 >>

People of Sound

音をクリエイトし、活躍している人を
ご紹介するコーナー
全ての記事 >>

Show Report

NAMM ShowやAES CONVENTIONなど、
現地からレポート!
全ての記事 >>

月別アーカイブ!

日々更新の膨大なニュースを