最新ニュース & レビュー

音楽制作機材の注目情報をお届けします。


151229_magazine_636_250
2015年も年の瀬。今年もRock oN Magazineニュースをご愛顧いただきありがとうございました。

2015年に掲載された話題の中でプレビュー数が最も高かった記事のTop10をまとめました。こんな話題があったなと振り返ることもあります。あなたにとって2015年はどんな年だったでしょうか。


No.1

Line 6 Helix ギタープロセッサーのフラッグシップが登場!「不可能」の領域を超えたサウンドとマスターコントロール!

Line 6から待望のフラッグシップが登場。DAWコントロール機能など制作ツールとしても注目されました!

No.2

YAMAHA reface Debut! ハイグレード・コンパクトのテーマのもと名機のサウンドとコンセプトがグッと身近に!


Rock oN AWARD 2016でInstruments AWARDを受賞。リバイバルに留まらず若い層から注目されました!

No.3

iZotope OZONE 7 が発表されました!9から合計16へ増えたマスタリングプラグインスイーツ!

AES2015で登場。すぐさま話題になったOzone 7。もはや定番プラグイン。注目度が高かったです。こちらもRock oN AWARD 2016でSILVER賞を受賞。

No.4

プロの耳かきでケア!今日は3月3日『耳の日』!
さすが耳に気を使う制作者が集まるRock oN。耳のケアという話題はみなさん気にしたようですね。実際にここに通院した方っていらっしゃるのかしら?

No.5

Musikmesse最新情報レポート!RMEよりBabyface後継機種『Babyface Pro』登場!


爆発的に売れたBabyface Proが登場したニュース。ユーザーのニーズにマッチした仕様とRMEへの期待感が高い感心を生みました。

No.6

ノブを回すだけなのに想像の斜め上をいく多機能さ! 革新的な制作コントローラー nOB はスチームパンクな仕上げもGOOD!

Babyfaceに告ぐプレビュー数ということで、このネタを探してきてよかったーと嬉しく思いました。こちらはKickStarterで公開された製品。まだまだ来年も道鳴る可能性を秘めた製品を追いかけていきますよ!

No.7

Moog Mother-32 発表!アナログセミモジュラーシンセ Moogラダーフィルター搭載で $679!

手が届くMoogモジュラーシンセということでコストパフォーマンスが話題になりました。やっぱり1台は欲しいですよね。Moog。NAMM2016での新製品はあるのでしょうか。楽しみですね。

No.8

Steinberg Cubase PRO 8.5 / ARTIST 8.5 を公開!クラウドで世界中の仲間とのコライトが容易に。プロデューサーよ、Worldwideに羽ばたけ!

Cubaseは毎回Ver UPするたびに熱い視線が注がれますね。Cloudを使って世界中どこにいても共作ができるという未来感。当たり前のワークフローになっていくのでしょうか。興味津々!

No.9

全く新しいDJツールの形!マルチトラックオーディオファイル『Stems』が非公式発表されました!


DJやダンスミュージッククリエイターにとって新しい表現の幕開け!さらに新しいビジネスチャンスも到来!?STEMSは久々の標準フォーマットとして世界中が注目しています。

No.10

CASIO TRACKFORMER XW-DJ1とXW-PD1を触ってみました!


このルックスならば誰だって気になります。CASIO XWシリーズのレビューです。実際はライブで使える様々な昨日を持ったパーカッションツール。


2016年もRock oNは音楽制作にまつわる、素敵な驚きを皆様にお届けしていきます。さらに特集記事では重要人物へのインタビューや新製品取材など読み応えたっぷりのDeepな情報も公開予定です。これからもRock oN Magazineニュースをご愛顧下さいますよう、何卒お願いいたします。

少し早いですが、2016年も皆様にとって素敵な音楽ライフや制作年間になりますよう、心からお祈り申し上げます。(IH富田)



151229_audionamix_636_250

今話題のボーカル分離を行うプラグインADXが注目を浴びるAudionamixをRock oNがインタビュー!同社のヒストリーを交え、そのこだわりに迫ります!

Audionamix Interview Technology Firstな歴史と『非破壊分離』の実力



html-909

WEBブラウザでTR-909が楽しめる。HTML-909が話題になっているようです。

操作はそのままTR-909。GUIの楽器名をクリックして鳴らす音をセレクト。あとは16STEPシーケンサーを押して打ち込んでいきます。

このシーケンサーのボタンは押すたびに

↓弱
↓強
↓ミュート

↓弱
↓強
↓ミュート
↓…
となります。

シャッフルが無いこととマウスでの操作になるので一度に2つのツマミを操作できないことが残念ですがポチポチと遊ぶには事足ります。

私はHTML-909がレスポンシブルなWebだということに好感を持ちました。Roland TRシリーズはいつの時代も私達をワクワクさせてくれる名機ですね。

シーケンスパターンの保存/書き出しをうかがわせるアイコンがあるのですがこの記事を作成現在、うまく使うことができません。ブラウザアプリの種類やバージョンなど制限があるのでしょうか。作者のHPに行って勉強してこようかと思います。

ぜひみなさんも遊んでみてくださいね。

HTML-909
http://html909.com/

TR-909をフューチャーした曲を、と思いましたが4つ打ち以外のもので有名どころを。
Mantronix Bassline



rori

タッチセンスの鍵盤で押圧やコスリ、揺さぶりまでつかって演奏できるシンセサイザー SeaboardをプロデューするROLIからiAppがリリース!

roli1

このiAppの名は NOISE。iPhoneのタッチパネルを使ったシンセ音源で、Seaboardのようにタッチ、スライドなどの演奏が楽しめます。

逆転の発想といいますか、誰しもが考えていたであろうアイディアが本当に形になったといいますか。NOISEは無料でダウンロードできるのでぜひ使ってみてくださいね!

 

ROLI 公式Webサイト
https://www.roli.com/products/noise

App Store
https://itunes.apple.com/app/noise-5d/id1011132019?ls=1&mt=8



151218_roland_636_250

Rolandが初となるゲームアプリ TR-REC をリリースしていました。App Store (iApp)と Google Play (Android)で 無料配布中です。

trrec

TR-RECはAIRAデザインを踏襲したかわいい音ゲー。お題のピアノロールを見ながらいかに早く808式ステップシーケンサーを打ち込めるかという、ある意味マニアックすぎるゲームです。いわゆるビートに合わせてアクションする音ゲーではないので。BGMに合わせて打ち込む必要はありませんが、手早く打ち込むと高得点が狙えます。

アプリ内課金はありますが、一通り遊ぶのは無料なので是非一度遊んでみてくださいね。AIRAシリーズの発表からRolandは変わり続けていますね!

TR-REC 公式Webページ
http://www.roland.com/aira/tr_rec_game/

ファミ通 さんのYoutubeチャンネル

https://www.youtube.com/watch?v=fobHPaCfqkU

App Store
https://itunes.apple.com/us/developer/roland-corporation/id387333694

Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.roland.TRRECGAME&hl=en