HEADER

2015_aes_rockon_logo.png
AES2015 Day1 : API 535-LA

パンくずリスト

フェードバナー(780px)

AES2015

AES2015 Day1 : API 535-LA

500シリーズに新しく 535-LA Line Ampモジュールが登場。意外や意外、APIでは初めての製品化。

AES_NY_1DayA_54

アナログに強いこだわりを持つコンソールメーカーAPI。500シリーズのオリジナルということでも注目度は高い。AES NY 2015での新製品は、500シリーズに新しく加わるLine Ampモジュールだ。

AES_NY_1DayA_57

535-LAという型番が与えられたLine Ampのモジュール。Input / Outputと2つのTrimを持ち、API伝統の2520ゲインブロックのドライブを調節することが出来る。Add to Toneと展示パネルに書かれていることからも積極的にアナログ回をにシグナルを通して、キャラクターを付けて欲しいという同社の思いが見えるプロダクトだ。コンソールメーカーなので、すでにLine Ampはラインナップされていたような錯覚を覚えるが、実はこれが初めての製品化ということ。

AES_NY_1DayA_58

他の500シリーズ、そして200シリーズのモジュールアウトボードもずらりと展示。6500というサラウンドのアナログコンプは同社しか作っていない、ある意味特殊機材。(デジタルならば他にも有りますが)

AES_NY_1DayA_55

国内では、めったにお目にかかれない同社のアナログコンソールもAESの会場では 毎年見ることが出来ます。一度はこのVision Consoleでミックスしてみたいですね!!!

AES_NY_1DayA_59

最後に、手の届く価格のAPIコンソールとして注目度の高い1608も展示されています。価格は左の16chのMaster Unitが約4万ドル。

API

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、4.50点です。
この記事に対して、10名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加


『AES2015 ショーレポートの各記事へのコメント』または『eStore製品レビューを投稿』いただくことで、抽選で超特価製品の購入が可能となります。レビュー投稿時のお名前(匿名等)を特価製品注文時の備考欄に記載ください。沢山のレビューをお待ちしております!!

この記事に関するツイート