HEADER

2015_aes_rockon_logo.png
AES2015 Day1 : Avid Pro Tools Dock

パンくずリスト

フェードバナー(780px)

AES2015

AES2015 Day1 : Avid Pro Tools Dock

iPadを使った新製品 Pro Tools DockはEucon接続で、LIVE向けにデザインされたS3を補うことが想定されたマスターセクション!

AES_NY_1DayA_30

多数の新製品が登場し、大きな盛り上がりを見せるAES NY 2015。AVIDから久々のリリースとなるハードウェアの新製品が登場!!Pro Tools Dockと名付けられたその製品は、S6の中心Master Touch Moduleを切り出したようなセンターセクション。iPadを有効に利用してそのコストを抑えているのも大きな見どころ。

EuConによる接続で、ターゲットとしては、S3のマスターセクションとしての利用を想定している模様。奥行きも合わせて、LIVE向けにデザインされたS3で不足していると感じる部分を補うプロダクトに仕上がっています。

AES_NY_1DayA_35

目を引く大きなタッチパネルはiPadを使用。先日リリースされたPro Tools ControlがPro Tools Dock向けにカスタマイズされている。 レイアウト的にも、操作、ワークフローに関してもS6のそれと多くの共通性を見ることが出来る。Touch Screenでの豊富なVisual Feedbackをもったチャンネルナビゲーションがその中心的な機能だ。

DAWのパワーに余裕がでたことで、膨大なチャンネル数のセッションを取り扱うことの多い今日、いかにスムーズにストレス無く目的のフェーダーにたどり着くのか?これはフィジカルコントローラーにとって大きな課題。トラックのカラーリング等、トラック名以外の情報を確認しながらワークフローを進めることの出来るこの製品は新しいアプローチのコントローラーではないだろうか。

Pro Tools DockはS6と同様にVCA Spill等の機能も搭載されるということ。Pro Tools 12.2から全てのユーザーがその機能の恩恵を受けることとなったVCA MasterはこのPro Tools Dockの使いこなしにおいて切り離せない存在のようだ。

AES_NY_1DayA_36

AES_NY_1DayA_37

もちろん、EuConならではの豊富なSoftkeyも用意され、カスタマイズ性もある。手元に置かれたロケートボタンと、大きなJOG。これだけでも欲しいと思わせる質感の高さだ。S6のユーザーならばすぐに使いこなせると思うMaster Touchの弟分が登場。価格はなぜかポンドでの情報しか見つからず、£1199との記載を発見。年明けのリリースとなる模様だ。

Avid

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、4.00点です。
この記事に対して、10名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加


『AES2015 ショーレポートの各記事へのコメント』または『eStore製品レビューを投稿』いただくことで、抽選で超特価製品の購入が可能となります。レビュー投稿時のお名前(匿名等)を特価製品注文時の備考欄に記載ください。沢山のレビューをお待ちしております!!

この記事に関するツイート