HEADER

2015_aes_rockon_logo.png
AES2015 Day1 : Waves

パンくずリスト

フェードバナー(780px)

AES2015

AES2015 Day1 : Waves

WAVES怒涛の新製品リリース!ついにGreg Wells氏によるSignatureシリーズが登場!その名も『Vocal Centric』

AES_NY_1DayB_125

AES_NY_1DayB_50

Codex、Elementといったシンセサイザーリリースや、Signatureモデルの充実化、Hシリーズなど新製品を精力的にリリースするWAVEブースはNYでも新製品ラッシュ!

 

AES_NY_1DayB_73

新作Signatureモデルとして登場したのはGreg Wells氏! アデルなどの楽曲を手がけ、WAVES活用動画などでもおなじみの同氏がついにSignatureシリーズに登場です。Vocal CentricはOne Knobシリーズを彷彿させるようなビジュアルですが、INTENSITYノブによりボーカルに対しての倍音成分やコンプレッションの複合変化、さらにDelay、Doubler、Reverbを合算して掛けていくエフェクトで特にdoublerを使った音の独特な広がりや揺れはサウンドを味わい深くさせていました。ノブの少なさからは想像がつかないほど音作りの幅が広がる本製品に乞うご期待!ちなみに、このシリーズにGuitar CentricやらDrum Centricなども検討されているようでこれからの情報が楽しみでなりません!

ここからはGreg Well氏本人によるデモンストレーションです!

AES_NY_1DayB_74
続いて、Element 2が登場。今までとカラーリングが打って変わり白いGUIになりました。中の新機能は続報を待て!という部分が多いのですが、今回特筆すべきなのは各LFOに対してFREE/SYNCのセレクターが搭載され、よりアナログ的なサウンドからSYNCを用いた質感を残しながらBPMにしっかり追従してほしいサウンドまでユーザーの好みに仕上げられるようになっています。
また、エンジンも改良が施され音質の底上げが図られているとのこと。今までもVer.1でかなり完成されている部分もおおい製品だったのでさらなる進化に期待が膨らみます!個人的にはElementとCodexのSoundGrid対応がなされるといいなぁ、と考えています。

 

AES_NY_1DayB_75
続いては、「SUB ALIGN」。PAにおけるスピーカーマネジメントにおいてトップスピーカーとウーファーの干渉調整用にGainやDelay補正を行える新プラグイン。小中規模のLiveハウスでは欠かせないお手軽なPAイクイップメントと言えますね。


今後も続々と情報がこれから公開されるであろうWaves。ユーザーに対して次はどのような風を吹かせるのか楽しみでなりません!!

AES_NY_2DayA_84
Waves

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、4.00点です。
この記事に対して、10名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加


『AES2015 ショーレポートの各記事へのコメント』または『eStore製品レビューを投稿』いただくことで、抽選で超特価製品の購入が可能となります。レビュー投稿時のお名前(匿名等)を特価製品注文時の備考欄に記載ください。沢山のレビューをお待ちしております!!

この記事に関するツイート