HEADER

2015_aes_rockon_logo.png
AES2015 Day1 : Antelope Audio

パンくずリスト

フェードバナー(780px)

AES2015

AES2015 Day1 : Antelope Audio

『最高のマスタークロックメーカーは最高のインターフェースメーカーである』をコンセプトに続々と新製品をリリースするAntelopeから強力な3製品が新登場!

AES_NY_1DayA_52

直前情報でもフラッグシップモデル10Mの後継機種が注目を集めていたAntelope Audio。まずはマスタークロックとルビジウム原子基準ジェネレーターの複合機『10MX』。

AES_NY_1DayA_51

Antelope Audio 10Mは1,000年に1秒とも言われる極小誤差のルビジウムコアを搭載したリファレンスクロックを搭載し、まさしく「マスタークロックのマスター」として存在していますが、新製品の10MXは、マスタークロック Isochrone Trinity と リファレンスクロック 10Mが一つになったイメージとでも言えるでしょうか。ルビジウムクロックによる10M精度のクロック校正と、それで正された高精度のマスタークロックを生成/分配できるまさに最強のマスタークロックジェネレーターがここに誕生です。

同社Trinityの機能性は瀬川英史氏による弊社コラム『LA Graffiti』第5回でも話題になりましたね。

AES_NY_1DayA_50

そしてAntelope社の世界的なベストセラーと言える『Orion32』が大きく進化。まずは従来のUSB端子に加え、MADI、Thunderbolt端子を加え、同社自慢の特殊技術64-bitアコースティックフォーカスクロッキング(AFC)ジッター除去技術を搭載。24bit/192kHz環境において低レイテンシーでの32ch同時入出力は脅威です。Orion32で人気の信号パッチングにおける柔軟性はしっかり引き継いでますね。

そしてこの要望も多かった、12chのClass-Aマイクプリアンプ(フロント4、リア8)を本体に搭載したOrion Studioも登場! +と同じくThunderbolt接続に対応しながら、ゼロレイテンシーミキサーと内臓のDSPエフェクトでスタジオ、Live、ありとあらゆる環境にフィットする1台へと変貌を遂げました。もちろんこちらも+同様にカスタムDSPを搭載。

AES_NY_1DayA_53

Zen Studioなどに代表される内臓DSPエフェクトまでも搭載したOrion32+。先日リリースしたばかりのAuraVerbソフトウェアもバッチリ起動していますね。

AES_NY_2DayA_81

AES_NY_1DayA_49
AES_NY_1DayA_47

Windows /Mac両対応でありながら圧倒的な基本性能を保持するAntelope Audio製インターフェース。『最高のマスタークロックメーカーは最高のインターフェースメーカーである』を実証するような新プロダクト群が日本を席巻する日は近い!

AES_NY_1DayA_48

Antelope audio

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、3.80点です。
この記事に対して、10名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加


『AES2015 ショーレポートの各記事へのコメント』または『eStore製品レビューを投稿』いただくことで、抽選で超特価製品の購入が可能となります。レビュー投稿時のお名前(匿名等)を特価製品注文時の備考欄に記載ください。沢山のレビューをお待ちしております!!

この記事に関するツイート