HEADER

2015_aes_rockon_logo.png

パンくずリスト

フェードバナー(780px)

AES2015

AES2015 直前info : AMS Neve

AMS Neve からSidecar が復刻!『BCM10/2 MK2』は、API500スロットなど現代的な要素を搭載。大本命のクラシックNeveサウンドコンソール!

151030_neve_636_250

 

AES2015開幕直前、突然のBig Newsに業界騒然!AMS NeveがBCM10/2 MK2を発表。Sidecarが復刻します!

AMS NeveBCM10/2 MK2はその名の通り、クラシックNeveサウンドを象徴するプロダクトの一つBMCコンソール(通称SideCar)の後継にあたります。元々はブロードキャストのメインコンソールの横に置きチャンネル数を確保するために生まれたSideCarでしたが、そのサウンドの素晴らしさとコンパクトさでミュージックプロダクションスタジオが真っ先に飛びつきました。

これの生産が終わり、その間に1073のデザイナーの一人であるGeoff Tanner氏率いるAURORA AUDIOがSidecarという製品をリリースするなど、Neve SideCarのいないスキマを埋めようとする動きがありましたが、遂に本家から1073モジュールと1272ミックスアンプを搭載したBCM10/2 MK2が発表されました!

現代的な要素を搭載したニュークラシックの到来、こんな進化を待ってました!!

nevebcm102mk210web1_0

現在わかっているメーカー公称情報

・CLASS A回路を採用したクラッシックNeveサウンド
・入力モジュールは、1073Nもしくは1073、1084から選択
・AUXにクラッシック1272バランスドミックスアンプ採用
・2モジュールの2264LB(API500モジュール)をミックスバスに搭載
・各チャンネルにダイレクト出力を搭載、Pre/Postインサート可能
・4 x AUX、1 x Stereo CUE、1 x Stereo MIX Bus、3 x 5.1 EXT IN&モニター
・各チャンネルにMix I/P、2 x ステレオエフェクトリターン

500slot

SidecarからBCM10/2 MK2への大きな進化ポイントは、マスターBuss chに2基のAPI500Slotを備えたところでしょう。
始めから2264LB(COMPRESSOR)が2基搭載されていますが、ここに1073LBEQ(EQ)やサードパーティー製のモジュールを任意で挿すことが可能です。API500Slotoの存在によってBCM10/2 MK2は、外へ開かれた新世代のsidecarとも言えるかもしれません。

nevebcm102mk211small-1

BCM10/2 MK2 は今回ご紹介した10ch仕様モデルの他に16、24、32 のチャンネル数バリエーションがリリースされる予定です。 日本国内出荷は2016年1月。価格は日本円では未定ですが、USでは以下の価格が発表されています。

10ch…$74,950.00

16ch…$99,950.00

24ch…$149,950.00

32ch…$199,950.00

円換算すると約905万円(1$120.8換算)。1073×10本、1272ミックスアンプ、2264LB2基、コンソールのルーティング機能にモニターセクション…etc。これらの価値を考えると、905万円も決して高いとは思えませんね。

AMS Neve

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、3.14点です。
この記事に対して、7名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加


『AES2015 ショーレポートの各記事へのコメント』または『eStore製品レビューを投稿』いただくことで、抽選で超特価製品の購入が可能となります。レビュー投稿時のお名前(匿名等)を特価製品注文時の備考欄に記載ください。沢山のレビューをお待ちしております!!

この記事に関するツイート