HEADER

2015_aes_rockon_logo.png
AES2015 Day1 : Solid State logic Sigma Delta

パンくずリスト

フェードバナー(780px)

AES2015

AES2015 Day1 : Solid State logic Sigma Delta

SigmaがDelta Faderと融合し直感的なオートメーション・ワークフローを手に入れた!

AES_NY_1DayA_19

事前に情報が公開されたこともあり、注目を集めているSolid State LogicのSigma Delta。フラッグシップ・アナログ・コンソールであるDuality Deltaでその機能が発表された”Delta Fader”機能。これは、アナログコンソールがどのようにDAWとインテグレートするか?SSLとしての回答がこの機能だと思っています。Mr.SSLとも呼ばれることのあるChris Jenkins氏にご説明を頂きました。

どうですか!!Dualityの特権と諦めていた方もSigmaでその機能が使えるということです。Delta Faderとは、DAWのプラグイン”Delta Control”に書き込まれたオートメーション情報でSigmaの内部サミングエンジンのボリュームオートメーションを動かすという画期的な製品。

AES_NY_1DayA_20

従来のSigmaはDAWのVolume情報(フェーダーオートメション)でコントロールしていました。その為、実際に使用する際には、Sigmaをコントロールするためのトラックを作る必要がありました。これはお世辞にも直感的とは言いがたく、波形の乗ったトラックに対してのオートメーションを書き込むといった作業とは異なったワークフローとなってしまいました。それでも、アナログ領域でサミングをし、オートメーションを行うというのは音質にとって理想であり、それをSSLのSuper Analogue回路で実現できるということは素晴らしいトピックでした。大型コンソールでなければ実現できなかったアナログ領域でのオートメションミックス。これを60万円という価格で実現下SIgmaはまさにエポックメイキングな製品として、大きな話題を呼びました。

AES_NY_1DayA_16

そのSigmaが直感的なオートメーション・ワークフローを手に入れたということは非常に大きなNEWSです。今までよりももっと多くの方に、SIgmaでアナログ領域でのミキシングの素晴らしさとそのクオリティーの高さを知って頂けるきっかけになるのではないでしょうか?

AES_NY_1DayA_12
AES_NY_1DayA_13

AES_NY_1DayA_15
AES_NY_1DayA_12.jpg、AES_NY_1DayA_13.jpg、AES_NY_1DayA_14.jpg、AES_NY_1DayA_15.jpg

こちらが、この”Delta Fader”機能が最初に搭載されたDuality Delta.やはりラージコンソールはいつ見てもワクワクします。DAWとのインテグレーションを強く意識したレイアウトがわかるかと思います。今後もSSLから、アナログを極めたメーカーからのDAWとインテグレートしたソリューションに期待したいと思います。

AES_NY_1DayA_14

Solid State logic

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、2.67点です。
この記事に対して、3名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加


『AES2015 ショーレポートの各記事へのコメント』または『eStore製品レビューを投稿』いただくことで、抽選で超特価製品の購入が可能となります。レビュー投稿時のお名前(匿名等)を特価製品注文時の備考欄に記載ください。沢山のレビューをお待ちしております!!

この記事に関するツイート