HEADER

AES 2014

AES 2014 : MILLENNIA

手のひらサイズのマイクプリHV-32PとHV-35Pが登場です!どちらも立上がりの速い、演奏者のダイナミクスを忠実に表現するサウンドを追求。バッテリー駆動でモバイルも可能!

2014AES_LA_2DayA_179

極めてクリヤー且つワイドダイナミックレンジ設計のマイクプリアンプ「HV-3シリーズ」を代表に、
一つの筐体にピュアクラスAオールディスクリートによるFETソリッドステート回路とチューブ回路の両方を納めた特徴的なTwin Topologyシリーズを擁すMILLENIA!

そのブースからは事前infoでもお伝えしたとおり、手のひらサイズのマイクプリHV-32PとHV-35Pが登場です!

HV-35P

2014AES_LA_2DayA_182

2014AES_LA_2DayA_183

HV-35-left

HV-35

HV35-Pは現在リリースされているVPR500フォーマットのHV-35をスタンドアローンで使用できるようポータブルサイズに設計された製品。

1chのポータブルマイクプリアンプ、ゲイン、48Vファンタム電源、-15dB Pad、リボンマイクのための+10dBスイッチ、位相反転スイッチ、80Hzローカットフィルタを装備。

「12〜15VDCのバッテリーパックで駆動させることが可能」と謳われているのでフィールドレコーディングでも活用できそうです。

HV-32P

2014AES_LA_2DayA_184

HV-32 API Legacy

HV-32(上から2段目)

HV-32Pはあまり馴染みが無いと思いますがAPIコンソールに搭載されたAPI200フォーマットHV-32を2ch分まとめてスタンドアローン、ポータブル仕様にした製品。

ゲイン、48Vファンタム電源、-15dB Pad、リボンマイクのための+10dBスイッチを搭載。

ポラリティスイッチはついていませんが、STT-1やHV-3Rの例外を除いて本来ポラリティスイッチを付けないのがMilleniaの設計思想だったはず。

HV35-PとHV-32Pはどちらも立上がりの速い、演奏者のダイナミクスを忠実に表現するサウンドを追求した設計となっており、その場の空気感を濃密に表現することができるカラーを持っています。

クラシックのワンポイント収録でのリアルなサウンド収録においてセレクトされるマイクプリの筆頭として、多くの現場で採用されています。

価格はHV-32Pは$1,200,HV-35Pは$800、本国では11月に販売開始ということですので、日本でも何とか10~20万円位の間でリーズナブルな価格で販売してほしいものです。

ハイエンドマイクプリをお手頃な価格で所有できそうな、リリースの待ち遠しい製品ですね

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、4.00点です。
この記事に対して、3名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート


ショー・レポート記事を検索

ショー・レポート記事を検索

フェードバナー(244px)

  • miyaji
  • miyaji
  • miyaji
  • miyaji
  • miyaji

Twitter

Follow me

facebook

Follow me

ページの先頭へ戻る