【レビュー】Warm Audio WA76の試聴レビュー!1176をよりモダンなサウンドに!


1176のルックスと魅力的な価格で一際注目を浴びたWarm AudioのWA76!WA76はUREI 1176 Rev.D を近代的に再構築したリミッティングアンプリファイヤーで、見た目だけでは無くRatioの全押し機能も搭載されています。

早速ですがこのWA76の気になるサウンドと機能をPD安田がレビューしていきたいと思います!

UA 1176とWA76のルックスをチェック!

まずWA76の仕様ですが1176と比べて見ても分かる通り、InputとOutputのツマミが用意されており、ATTACKとRELEASEももちろん用意されています。

またUA 1176の方ではATTACK のツマミ部分にON/OFFのスイッチが搭載されていますが、MOHOG Audio MoFET 76と同様にメーター切り替え側のボタンにON/OFFのスイッチが用意されています。

しかし、ここまでの見た目上の仕様では特に大きな差はありませんが、実際にWA76を触ってみると、Inputツマミにはクリック感があり、そしてATTACKとRELEASEのつまみにはセンタークリックがある事が分かります。

そして更に右の写真で見ると分かる通り、ツマミの12時のメモリが「30」になっており、1176の「24」とメモリの位置が違う事に気づきます。

また製品の仕様でGainレベルも見てみると、1176では50dbの所、WA76では55dbとなっており、実際に実機に触れながらサウンドを聴比べても出音の感触に大きな違いがある事に気づくかと思います。

まさに伝統的な1176(Rev.D)をモダンに再構築されたリミッティング・アンプリファイアーとなっています。

コンプのサウンドを確かめる!

それでは感触も分かったところで、UA 1176とWA76サウンドを比較して行きましょう!

まず始めにWA76を通したサウンドを聴いてみると、1176のハイゲインな感じの歪み感をより強くした印象になり、さらにInputツマミを上げて行けばよりドライブ感が強調されて行きます。

同時に1176と切り替えて比較すると、1176では自然にコンプを掛かるイメージになり、WA76になると通した際に得られるドライブ感を強く感じます。

またRELEASEのタイム感も実機の1176ではゆったりしたニュアンスを感じますが、WA76ではまるで1176のシミュレートプラグインの様に、スムーズなRELEASEを感じる事が出来ます。

さらにWA76自体も1176と比べて出力が高めに設定されているので、このようにドライブ感を強調させたサウンドになっているのでは無いかと思います。

WA76の音を通した際に得られるドライブ感で楽器等の勢いを加える事が出来るので、ベースやギター等の楽器に通し、ドライブを足すと言った使い方で是非試してみたいコンプです。

さらに右の写真の様にRatioの「全押し」も可能ですので、ドラムのオフマイクでレコーディングした素材に音を突っ込んでみたり、またピアノのハンマー感のあるアタックにがっつりコンプを掛ける等、激しいコンプ感を表現を演出する事が可能となっています。


非常に個性あふれるWA76を実際に触れてきましたが、この効果はプラグインや他のアウトボードでは出来ないサウンドに仕上げる事が出来ますが、まずはこのサウンドと効果を体感して頂きたい逸品です!

渋谷店では展示機もご用意しておりますので、是非お試しください!


最新記事ピックアップ

記事を検索!

日々更新の膨大なニュースから、
記事を検索できます!

特集

製品レビュー、製品発表会、
Rock oNセミナーレポートなど
全ての記事 >>

店頭でリアルを体感し
プロダクトを選び抜け!

夢のスタジオを展示と共にご提案
全ての記事 >>

Rock oN Staff Blog

Rock oNスタッフがプロ視点で
各種製品にDeepに切り込む!

Rock oN Umeda Blog

一緒に作ろう!Rock oN Umeda
全ての記事 >>

People of Sound

音をクリエイトし、活躍している人を
ご紹介するコーナー
全ての記事 >>

Show Report

NAMM ShowやAES CONVENTIONなど、
現地からレポート!
全ての記事 >>

月別アーカイブ!

日々更新の膨大なニュースを