HEADER

2015_aes_rockon_logo.png
AES2015 Day1 : SHURE

パンくずリスト

フェードバナー(780px)

AES2015

AES2015 Day1 : SHURE

以前インタビューにも応じていただいたSHUREマット・エングストローム氏入魂、長期開発の末に完成したKSE-1500新登場!

AES_NY_1DayA_70
AES_NY_1DayB_16
KSE-1500の特徴はなんといってもコンデンサー型(電荷振動をマネージするバックプレートが生成する静電界に囲まれた低質量ダイヤフラム搭載)であるということ。マイク同様、小型ダイアフラムの高速振動ならではの優れたトランジェント特性を生かし、従来形式では再現できない『失われた音』を極限までおさえることで、極めて高い再現性の確立に成功。
AES_NY_1DayB_17
最大24bit/96kHz対応の充電池式DACアンプ(Cirrus Logic製DAチップ搭載)との接続には、コンデンサーシステムに必要な低静電容量および高絶縁性を備えた専用ケーブルが付属。専用DACを用意しながらiOSやAndroidなど豊富なコントロール性も保持。4bandEQによるキャラクター調整、定番のEMIフィルターなどなどハイエンドを極めた逸品ではありますが、唯一イヤフォンの故障理由の99%と言われるケーブル部分が現状イフォン本体に固定されている仕様らしく可能なら改善して欲しいところですね。(接点を可能な限り減らしたいという意向もわかりますが)
会場ではKSE-1500の基本的なDAC機能を取り出した汎用ポータブルアンプSHA900も展示。

AES_NY_1DayB_29

他にも既出製品ではありますが、MOTIVデジタルマイクロホン各種と専用iOSアプリケーションのコンビネーションを紹介。直感的なステレオ幅のコントロールにより音源や周囲の環境にあわせて指向性を最適化したり、ゲイン調整はもちろん、24-bit / 48 kHz 非圧縮レコーディングにも対応した利便性の高いソリューション。
AES_NY_1DayB_28

SHURE

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、2.33点です。
この記事に対して、3名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加


『AES2015 ショーレポートの各記事へのコメント』または『eStore製品レビューを投稿』いただくことで、抽選で超特価製品の購入が可能となります。レビュー投稿時のお名前(匿名等)を特価製品注文時の備考欄に記載ください。沢山のレビューをお待ちしております!!

この記事に関するツイート