IBC 2014

IBC2014 :Avid S3L-X

Avidからはもう1つ新製品が登場です!その名もVENUE S3L-X!!完全64bit対応のようです。

Avidからはもう1つ新製品が登場。SRのジャンルで久しぶりのブランニューです。

VENUEシリーズの復活。リブランディングされたS3L-X登場

今回、SRコンソールとして画期的なソリューションであったS3Lが、あらたにリブランディングされVENUE S3L-Xとして再登場しました。ハードウェアの構成はほとんど変化はありませんが、既にリリースされていたVENUE 4.5ソフトウェア及びEuCon 3.2をが標準搭載されたE3エンジン。ベースで動作しているのはなんとWindows8!そして今回のアップデートで64bit対応となりました。完全64bitシステムへと変化したのに合わせて、今まで以上にRAMが必要になるという事で、今回のE3エンジンからメモリも今まで以上に必要となります。こちろん、VENUE S3L-XのE3エンジンはメモリが増量されています。

また、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、今までの名称は「Avid S3L」と、VENUEという名称が付いてなかったので、VENUEシリーズとは一線を画すイメージでしたが、今回のリブランディングで、VENUEシリーズへと仲間入りを果たしました。
ハードウェアの違いはRAMが増えている事です。今回標準搭載となったVENUE 4.5ソフトウェアはWindows 8ベースの64bitとなりますので、今まで以上にRAMを必要とします。エフェクトとして使用できるプラグインも当然AAX 64bit対応!

また、EuCOn3.2に対応していますので、一つのネットワーク内にいるStage16 I/Oを複数システムで共有したり、S3単体をコントローラーやオーディオインターフェイスとしてPro Toolsや他のDAWで使用する事も可能です。リリースは2014年10月開始とのことで、日本でも同時にリリースです。

Writer Akao

Avid

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

まだ誰も投票していません(>_<。)"

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート