Musikmesse 2014

Musikmesse 2014 : Waldorf Music

ストリングスシンセ専用マシン『Streichfett』と、それと同じ桜色のハイエンドエレピ ZarenbourgをMusikmesse 2014 ブースで展示!

Musikmesse2014 Waldorf Music

これまでのスタイリッシュで精細なイメージを変え、Musikmesse 2014から急にパステルカラフルなブース展示になったWaldorf Music。

イメージカラーで分けられた、正方形の卓上シンセ/エフェクターシリーズにピンク色の新製品「Streichfett」が加わります。

Streichfett

Musikmesse2014 Waldorf Music

Streichfettは、70年代から80年代の映画などで聴ける「絶滅種のサウンド(メーカー公称)」とも言える味わいのあるストリングスサウンドの専用機です。

Streichfettは「あの」サウンドを再現するためにモノフォニック「SOLO SECTION」とポリフォニック「STRINGS SECTION」の2つのサウンドエンジンが搭載されました。

SOLO SECTION

プリセットサウンド:Bass、E-Piano、Clavi、Synth、Pluto

Tremoloエフェクト搭載

STRINGS SECTION

プリセットサウンド:Violin、Viola、Cello、Brass、Organ、Choir

レイヤー:ViolinもしくはViola

その他

Ensemble Effectエフェクト、MIDI In/ out、USB(MIDI&プリセットのSEND/OUT)を搭載

キレイでポップな外観に似合わずとてもマニアックな製品ですね。ニッチな需要にピンポイントで応える製品で、個人的にとても好きです。

Zarenbourg

Musikmesse2014 Waldorf Music

そしてこちらがStreichfettと一緒に展示されていた、ピンクカラーのZarenbourg。

Zarenbourgは一言で言ってしまうと、ズバリ『ハードウェアとしての完成度を極めた最先端のビンテージスタイル エレクトリックピアノ』。

Waldorfが開発したレトロな外観の中にハイテク機能を満載したビンテージスタイルのエレクトリックピアノです。

その心臓部には、ビンテージサウンドを忠実に再現するためのフィジカル・モデリング、アコースティックグランドやクラビネット、そしてピアノとのレイヤーに最適なオーケストラなどのサウンドを表現するためのダイレクトストリーミング・サンプルプレイバック、さらには1980年代のピアノサウンドの代名詞とも言える、きらびやかなFMピアノのための6オペレーター・FMシンセサイズエンジンまでを搭載。

鍵盤にはイタリアFatar社製の完璧なバランスのものを採用。重過ぎず軽過ぎない、絶妙なタッチ感で高速かつ正確な演奏が行えます。

内蔵の2.1chモニタースピーカーは盟友であるドイツEMES社がZarenbourgのためにカスタムデザイン。プレイヤーはまさに”スイートスポット”で演奏に集中できるという仕様。

好きな人にはたまらないですね。Waldorf Musicのエレピに対する深い愛情を感じずに入られません。

ここ最近、あえてマニアックな製品の発表が増えてきたWaldorf Music。これからも楽しみなシンセメーカーです!

Waldorf Music

Musikmesse2014 Waldorf Music

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、3.60点です。
この記事に対して、5名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート