Musikmesse 2014

Musikmesse 2014 : NEVE genesis black

Musikmesse AMS NEVE ブースではGenesys Blackが実稼動状態でばっちり展示。AMS NEVEが提案する、DAW時代のミキシングデスクのあり方がこれだ!

Musikmesse2014 AMS NEVE ブース

AMS NEVEから登場しているGenesys Blackがムジークメッセ ブースで、実稼動状態でばっちり展示。

すでに出荷も開始しているということです。日本第1号機は果たしてどこへ?そんな話よりもRock oNレポート初登場ですので詳細をご紹介します。

Musikmesse2014 AMS NEVE Genesys Black展示Musikmesse2014 AMS NEVE Genesys Black展示

基本は従来のGenesysを踏襲。左サイドは8chのInput Channel Strip。左側はBus Masterとモニターセクション。そして中大生部分がこのGenesys Blackで追加されたCenter Sectionです。

この16本のフェーダーはHUIリモートにより、DAWをコントロールします。また、このPC Displayもタッチパネル・タイプのものが標準で備わりアームレストに埋め込まれるKeyboardと併用すれば殆どの作業をまさに、Hands oNで行うことが可能となっています。

Musikmesse2014 AMS NEVE Genesys Black展示

コンソールの上にMac miniが置いてあるのに気づきましたか?

このクラスのシステムならMacPro + Pro Tools HDXだろう、と思った方もいるかと思います。しかしここはあえてNativeシステムなんです。

このGenesys BlackはFireWire Audio Interface機能も実は備わっています。まさにCPUが1台あれば完結するAll-in-one solutionなのです!!

Musikmesse2014 AMS NEVE Genesys Black展示

Neveの製品なので、DAWコントロール部分も気になると思いますがやはりInput部分ですよね。

こちらは現行のフラッグシップコンソール88RS系の回路設計、4-BandのEQとVCA仕様のダイナミクス。EQ/DYNは内部でVCA成業されているので、右のセクションのトラックパトでの操作となります。

8系統のAUXとさすがの充実した設計です。更に、嬉しいオプションがこの部分には有り、往年の銘機1084仕様に出荷時に変更することが出来るということです!!

Musikmesse2014 AMS NEVE Genesys Black展示

それ以外もモニターセクションは8 group buses, 2 main outputs, 4 effects returns,, 5.1 monitoring, 2 cue mixes, talkbackとさすがの充実ぶり。

メーターも全チャンネル分(もちろんCenter Sectionの16ch分もステレオ仕様でメータ表示があります)全く隙のない構成です。

Musikmesse2014 AMS NEVE Genesys Black展示

AMS NEVEというコンソールメーカーの出したDAW時代のミキシングデスクのあり方、SSLのMatirxや、API THE BOXとも違うDAWをセンターに据えるという結果を具現化しています。こういった観点から見ても非常に興味深い製品ですね。

Musikmesse2014 AMS NEVE Genesys

Musikmesse2014 AMS NEVE

注目の価格は30,000€程度とのことですが、国内の定価は1100万と聞いています。ちなみにVintage Kingさんは$48,265。国内価格が高すぎませんか報映産業さん、この価格差なんとかして下さい!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、2.67点です。
この記事に対して、3名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート