Musikmesse 2014

Musikmesse 2014 : ZOOM

NAMMでTB端子搭載インターフェース発表のZOOMからは早くも上位機種 & USB3.0の展開がMusikmesse 2014で登場!! そして人気のマイクセパレート型ハンディレコーダー最新作『H5』登場!

Musikmesse2014 ZOOM H5

Musikmesse2014 ZOOM H5NAMM SHOWでThunderbolt接続式のインターフェースが注目を集めていたZOOMブース。ここ欧州 ミュージックメッセ でもレコーダーからギターエフェクターまで幅広いプロダクトラインナップで多くの人だかりを作っていました。なかでも昨年ハンディ・レコーダー界を驚かせたH6は2013年のTEC AWARD レコーディング・デバイス部門で2013年度のナンバーワン・プロダクトとしての評価を獲得。総勢7つもの賞を総なめにしたヒット作兄弟機がここmusikmesse 2014で早くも登場となりました! その名もH5!

Musikmesse2014 ZOOM H5

H6が持つマイクセパレート機構はそのままに、ディスプレイのモノクロ化し、さらに入力端子をステレオ1系統に縮小するなど、H6ほどの機能性を必要としないユーザーのためのダウンサイジングが図られています。最大140db SPLを誇る新型X-yマイクを標準搭載するH5、価格は予価300$とも言われていますが詳細はまだ未定。続報が気になりますね。

そしてNAMM発表のThunderboltインターフェースTAC-2の上位機種となるTAC-4、さらにUSB3.0対応UAC-2も発表!

Musikmesse2014 ZOOM TAC-4 UAC-2 新登場

まずTAC-4はアナログ4in/6out、(4マイクプリアンプ)の基本構成にADAT inとS/PDIF入出力を搭載。マイクプリが足りない場合もADAT端子で拡張する事が可能です。ヘッドフォンも2系統備えていますが、仕様以上にコンパクトな筐体、そしてThunderbolt接続の仕様が目を引きます。

Musikmesse2014 ZOOM TAC-4 UAC-2 新登場

UAC-2もXLRコンボジャックのアナログ2in/2out仕様、何と言ってもこの入出力サイズのコンパクトインターフェースとしては初のUSB3.0対応と言えるのではないでしょうか。

Musikmesse2014 ZOOM TAC-4 UAC-2 新登場

一般的なサンプリングレートにおいてAudio 2in/2out仕様ではUSB3.0の帯域の必要性は不明ですが、今後ZOOM製品から技術拡張するための足がかりとしては注目の発表と言えるでしょう。価格/発売時期等現時点で未定ですが、続報にご期待下さい!

ZOOM

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、3.67点です。
この記事に対して、3名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート