更新情報

注目記事ランキング

Musikmesse 2014

Musikmesse 2014 ! NAMM 2014 からの流れが欧州と交わり大河となる様をMiMが現地レポート!

NAMM 2014 を湧かせた新製品に、欧州ブランドがCutting Edgeなプロダクトで華を添えるエキサイティングイベントMusikmesse 2014 が遂に開幕! 情熱的なプロダクトや未来を切り開くブランドキーパーソンへのインタビューなど、興奮の坩堝にRock oNが深く切り込みます!

更新日:2014.3.15

Musikmesse2014
今年も春の訪れを告げるフランクフルト Musikmesse 2014 の季節がやってきました。会場は今年も世界最大フランクフルト・モーターショーでも有名なmesseエキシビションセンター。広大なスペースを活かしデジタル楽器、音響機器はもちろん、クラシック楽器からヨーロッパならではの香り漂うマニアックなピアノブランドまで、アメリカNAMMと双璧をなす欧州最大のショーが今開幕します!
AIRA_TOP2_1_11-508x255
国内でも先日衝撃の発表となったRoland AIRAシリーズは今回初の欧州お披露目。クラブミュージックシーンでも絶大なカリスマを誇る『TR』の系譜、新世代に向けられた新たなコンセプトが約30年に渡るダンスミュージックの歴史を再び塗り替えるかに注目が集まっています。(最新情報はAIRA Rock oN Lab.をご覧下さい)  AIRAがSYSTEM-1で提唱したPlug-Outコンセプトなど、各社ユーザーのニーズを捉えつつも新たな提案を持ったプロダクトの登場にも注目です。
Musikmesse2014さらにミュージックシーンに傾倒したリズムマシンやシンセサイザーの発展も欧州ブランドならではの醍醐味! スウェーデン製ハード音源だけでもNORD  Lead A1 Musikmesse2014Elektron Analog Rytm Musikmesse2014、Teenage Engeneering OP-1などデザイン/サウンド/コンセプトに至るまで欧州ならではの独創性に富んだプロダクトを味わえるのはmusikmesseならでは!
スウェーディッシュデザインだけでなく、ドイツが誇るAccessやKEMPER 、Waldorfといった人々を魅了するインテリジェンスなサウンドデザイナー集団からも目が離せません。
Musikmesse2014
さらにインターフェース界の動向も要注目です。LAで衝撃の発表&発売となったapollo twinを筆頭に2014年は新製品ラッシュ!
MOTUやZOOMが発表したThunderboltインターフェースに加え、TASCAM UH-7000やPrism Sound ATLASなどUSB2.0製品のリリースも相次ぎ、Nativeオーディオインターフェース界はTB対USBの構図がより明確になってきました。特にUS勢の新製品が相次いでいますのでRMEやSPLといったブランドも次なる一手を投じてくるはずでしょう。
Musikmesse2014
そして業界の今後を占うAoIP(Audio over IP)の展開も忘れてはなりません。
国内ではYAMAHAが先頭を走るDANTEに注目が集まりますが、ヨーロッパ、特にドイツを中心に賛同を集めるRavenna勢の動向が気になりますね!
Musikmesse2014PyramixをリリースするMerging、コンソールメーカLAWO、Genelec Musikmesse2014、schopesなど製品のリリースは有るのでしょうか。AoIP勢ではNativeCPU環境での最有力IOと言えるDiGiGridの展開も目が離せません。他にもMADIに注力するRME Musikmesse2014、Directoutなどからも精力的な展開が見られるのではと思います。トレンドとなっている多チャンネルのオーディオ伝送技術、プロダクト、ヨーロッパのトレンドを探ります。
MusikMesse_1Day_39_SPLcon3_-536x357アウトボード、そして特にマイクロフォン市場の更なる活性化もMesseではより強く期待したいですね! Solid State Logic Musikmesse2014やAMS NEVEらの欧州ショーでの動きはあるのか。
ドイツSPL Musikmesse2014もCrimsonやMadisonに次ぐ展開があるのか期待したいですね。既にNAMM2014ではTubeアーティストManley がチャンネルストリップ新製品『CORE』を、PreSonus Musikmesse2014からも64bit DAW環境を見越したハイエンド1chチャンネルストリップ『RC500』など、ハードウェアならではの個性溢れるプロダクトが相次いでリリース。
Musikmesse2014Universal Audioがapollo Twinで実現した『UNISON』プリアンプ機能や、Slate Digital Musikmesse2014が発表した『THE VIRTUAL MICROPHONE SYSTEM』などハイブリッド機ならではの単なるソフトウェア再現を超えた革新的再現性からも目が離せません。
このあたりの技術競争は欧州ブランドも今回黙ってはいないでしょう!
もちろんテクノロジー祭典であるだけでなく、ヨーロッパならではの伝統楽器や、その系譜に有る楽器もたいへん魅力的ですよ。
業界一のユーザー参加型Rock oN SHOWレポートでは現地からのリアルタイムなTweet、映像や写真の臨場感溢れるwebレポートで皆さんと一緒に祭典を盛り上げます!ぜひこのエキサイティングなイベントに一緒に参加して下さい!
Musikmesse2014
このエントリーをはてなブックマークに追加
#messe_rockon に関するツイート
  1. 16 Apr 2015

    ELEKTRONのOVERBRIDGE 楽しみで待ちきれない Musikmesse 2014 Report

  2. 14 Mar 2014

    Musikmesse 2014 Report 全体的に今年は、namm showよりmusikmesseのほうが内容が濃いと感じる。まあ、後だからかも・・・・。ROLANDがんばってるな

  3. Musikmesse 2014 Report 高級スポーツカーや田舎なら家が買える程の値段のコンソールで、動かしてるのはMac mini。私の金銭感覚は麻痺所か木っ端微塵DEATH!

  4. Musikmesse 2014 Report どうですこのKEYLAB 88の上品な佇まい、楽器を弾けなくてもインテリアとして是非お宅のリビングに如何でしょう。

  5. お値段次第ではこれは素晴らしいプロダクツの予感! Musikmesse 2014 Report

  6. 11 Mar 2014

    あ、フランクフルト Musikmesse 2014、今日からなのか!⇒ musikmesse2014 Report

  7. 11 Mar 2014

    musikmesse2014 Report Firewireはもう古い。RMEの製品でThunderboltに対応はいつ?

  8. 11 Mar 2014

    musikmesse2014 Report  これは気になりますが、今までのFIREFACEシリーズと入出力以外、とこが大きく違うのかな?

  9. 11 Mar 2014

    musikmesse2014 Report KAWAI MP11?!?!?!?!マジか新型か!!!!!!!!

  10. 10 Mar 2014
  11. 5 Mar 2014

ショー・レポート記事を検索

ショー・レポート記事を検索

facebook

Follow me

Twitter

Follow me

ページの先頭へ戻る