Musikmesse 2014

Musikmesse 2014 : Waldorf Music

Streichfettは70年代から80年代を彷彿とさせるストリングスシンセサイザー。

Musikmesse2014 Waldorf Music

ドイツのWaldorf Musicからの新製品のStreichfettが登場!

Streichfettは70年代から80年代を彷彿とさせるストリングスシンセサイザー。メーカーいわく80′ムービーを思わせるストリングスサウンドを出すために、モノフォニック「SOLO SECTION」とポリフォニック「STRINGS SECTION」の2つのサウンドエンジンが搭載されました。

Musikmesse2014 Waldorf MusicMusikmesse2014 Waldorf Music

 

 

 

 

SOLO SECTION

プリセットサウンド:Bass、E-Piano、Clavi、Synth、Pluto

Tremoloエフェクト搭載

STRINGS SECTION

プリセットサウンド:Violin、Viola、Cello、Brass、Organ、Choir

レイヤー:ViolinもしくはViola

Ensemble Effectエフェクト搭載

もはや絶滅種のサウンド(こちらもメーカー公称)とも言える、味わいのあるストリングスサウンドの専用機として生まれたStreichfett。こんなに個性的な製品がもてはやされるのもシンセサイザーという楽器ならではですよね。

musikmesse2014ではまだまだ沢山の新しいシンセサイザーが登場するということです。Rock oN ショーレポートをお楽しみに!

Waldorf Music

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、4.00点です。
この記事に対して、6名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート