Musikmesse 2014

Musikmesse 2014:New Audio Technology

音像の定位はこれにお任せ!?ステレオから22.2chサラウンドまで多チャンネルに対応したパンナーがMusikmesse 2014で登場!!

Musikmesse2014 New Audio Technology
Musikmesse 2014 の開催地であるドイツの会社のNew Audio Technologyから、なんとも興味をそそるプラグインが展示されておりました。その名もSpatial Audio Designer。音像定位のためのソフトウェアですが、このプラグインのすごい所はAuro-3Dや22.2chサラウンドに対応しているところ!!
Musikmesse2014 New Audio Technology
今まで、ATMOSなど3D音響に対応したプラグインはあったものの、システムの他に別途ハードウェアが必要であったりとDAWの中で完結しておりませんでした。

しかし、これは内部バス送りを活用しDAWの中で音像を完結させるプラグインだそうです。そして、プラグインのパラメーターで完結しているという事は、DAWコントローラーの種類によってはコントローラーへ展開も出来るかもしれません。

Musikmesse ブース 現地では置いておりませんでしたが、もしかしたらジョイスティックにも対応するかもしれませんね。プラグインフォーマットがRTAS、AU、VST2.4となっており、まだAAXやVST3.0に対応しておりませんが、対応予定はあるとの事!!

Musikmesse2014 New Audio Technology
また、プラグインのパラメーターの中にVirtual Speakesという設定があり、普通のスタンダードなヘッドホンでもサラウンドをモニタリング出来るという優れもの!!実際に聞いている方、沢山いました。ヘッドホンモニターとしても使えそうなプラグインですね。とっても制作意欲が高まりそうです。
Musikmesse2014 New Audio Technology SAD1Musikmesse2014 New Audio Technology SAD2


たくさんのサラウンドフォーマットに対応しているのでAURO 3D,Super Suroundはもちろんですが、Dolby ATMOSのBEDのパンナーとしても使えるんじゃないか?というように、ユーザーの使いこなしで様々なシーンでの活用が出来そうな製品です!!!

New Audio Technology

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、2.33点です。
この記事に対して、3名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート