HEADER

パンくずリスト

フェードバナー(780px)

NAB 2015 / musikmesse 2015

Musikmesse 2015 直前info : Roland

NAMM 2015 会場にてモック展示されていた『JD-XA』をパネルデザインから考察。

150330_musikmesse_roland_800_314
NAMM 2015 でJD-Xi(現在発売中)と共に出展されてはいたものの、スペックや価格の詳細が未公開だった JDX-a 。 Musikmesse 2015でその深層が明らかになるのでしょうか。

最新情報が入り次第、現地フランクフルトから最速級の早さで情報をお届けしますが、今はNAMM 2015 ショーレポートをもう一度振り返りながら、 Musikmesse 2015に思いを馳せることにしましょう。

JD-XA

クロスオーバーコンセプトの真の到達点はどこか? 会場にてモック展示されていた『JD-XA』をパネルデザインから考察。
Namm2015RolandPre_22

新製品JD-Xiとともにパネルとモックのみで展示されていたJD-Xシリーズと思わしき新製品『JD-XA』。

Namm2015RolandPre_392-536x238

金属製の筐体、フルサイズの鍵盤、パネルレイアウト内容などから予想するに、Rolandが目指すクロスオーバーコンセプトがXiに終わるものではないことが予想できる。現場では本製品に関する一切の情報は得られなかったが、パネルレイアウトからその機能を予想してみた。

Namm2015RolandPre_32-536x402

まず左上AnalogPartと銘打たれたセクション。1〜4のパート番号が振られているが、そのすぐ左上にOSC1と2、Filterへの流れが記載されていることから、音色に関わるレイヤーなどのセクションが予想される。

Xiのコンセプトやアナログ回路からも、リアルなアナログシンセサイザーであることは間違い無いだろう。2つのOSC×4パートなのか、ポリフォニックのアナログシンセサイザーの可能性も考えられる。

その下のDIGITAL PARTはPCMシンセサイザーを指すのか、はたまた同社SuperNATURALエンジンなのか、モンスター級のパワーを誇るシンセの可能性もはらんでいる。

Namm2015RolandPre_35-536x402

2基のLFOを挟んだ先にはやはり、A-OSC1、A-OSC2、の表記。アナログオシレーター2基とデジタルオシレーターの組み合わせ設計はクロスオーバーコンセプトそのもの。プログラムナンバーなどの表記からXi同様デジタルコントロール可能なアナログ回路は同じと思われる。

Namm2015RolandPre_28-536x402

アナログとデジタルの関係性や設計はXiとどう異なるのか、信号経路の設計が気になってしょうがない。

Xiはオシレーターとフィルターまでがアナログ/デジタルともに並走していたが、XAではどのような信号回路構成が可能になっているのか。アナログフィルターだけを活かしたりなど、サウンドメイクの自由度がXAで実現されるのかもしれない。

ボコーダー、ステップシーケンサーも搭載しておりXi同様多彩なパフォーマンスにも対応できそう。ステップのボタンの仕様もゴムのスイッチではなく、各ノブにも赤色のLEDリングが配置されているなど高級感やデザイン面もXiとは異なっている。

背面は電源スイッチのみということで詳細なことは全く伏せられているが、NAMM期間中の追加発表はあるのか、続報が待ち遠しい。
Namm2015RolandPre_37-536x402Namm2015RolandPre_33-536x416

Roland

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、4.67点です。
この記事に対して、3名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート