フェードバナー(780px)

InterBEE 2014

InterBEE 2014 : 直前Info Roland

Roland Live Console『O・H・R・C・A』発表。それはライブミキシングの理想型にして、時代を変革する可能性への挑戦

InterBEE2014 Roland

サウンド、自由度、拡張性、そして操作性。Live Mixingに求められる答えに技術の粋で応えるフラッグシップLiveコンソール『O・H・R・C・A』がRolandより発表されました。
『O・H・R・C・A』とはOpen・High・Resolution・Configurable・Architectureの略称。以下主な機能面のハイライトからもその言葉を印象づけます。





  • ・96kHzのサンプリングレートと専用パーツ選定、高精度72bitのサミングバス、アナデジ電源回路分離など徹底した音質へのこだわり
  • ・128chのチャンネルストリップと完全に自由な入出力割当可能
  • ・Reac、Dante、MADIに加えWavesSoundGrid(WAVESプラグイン)を活用したレコーディングに対応可能
  • ・オプションによりチャンネルストリップとは別に96kHz時に最大300in/296outを自由にパッチング
  • ・12インチ有機ELディスプレイを活用したお馴染みタッチ&ターンオペレーション
  • ・5.1chサラウンド/LCR/LR対応出力、ステレオダウンミックス出力も装備
  • ・16in / 16outのUSBオーディオインターフェース機能、USBメモリでの2Mix録音機能
  • ・ステートバリアブル型フィルタ採用のEQ、高精度指数関数回路採用のダイナミクスに加え、Roland銘機をそろえた珠玉のFX群
  • ・電源二重化によりトラブル時音切れのなくバックアップに切替可能
  • ・iPadリモート、さらにPC用コントロールソフトも完備

詳細なスペックを見ても前述したサウンド、自由度、拡張性、そして操作性に対するRoland技術の粋を集めた仕様が見て取れます。早速Roland革新の始まりと銘打たれたLiveコンソールの詳細を見て行きましょう。

●Configurable・Architecture
内部に128チャンネル分のチャンネルストリップをスタンバイ。これらのチャンネルストリップをインプットチャンネル、アウトプットバスとしてユーザーが自由にアサイン可能という画期的な内部構成を実現。その用途はFOH、モニターシアター、放送などあらゆる用途に対応可能。

●High Resolution
ミキシング時に高速演算処理が可能なFPGAを、エフェクト部には高精度のカスタムDSPを搭載しデジタル処理を最適化。デジタルミキサーの音質を左右するサミング回路には高精度72bit固定小数点演算を採用。小音量から大音量に至までいっさい破綻のない内部音声処理を実現。
アナログ入出力には24bit/96kHzのAD/DAを搭載。厳選されたパーツにより見直しされたディスクリート構成のマイクプリアンプ。さらに電源部をアナログ/デジタルで分離。フラッグシップ機にふさわしい仕様を実現。

●Expandability
入出力はチャンネルストリップを介さず、インプットパッチベイからアウトプットパッチベイへ直接接続詞、出力することが可能。本体リアパネルのアナログ/デジタル/REACポート入出力、オプションインターフェーイスモジュール使用時には96kHz時に最大300入力/296出力を接続。OHRCAをコアにしたREAC、DANTE、MADIなどの様々な入出力による膨大なシステムの構築管理運用を実現します。

そのほかにもエンジニア一人一人の感性に応えられるようユーザーインターフェースはもちろん、モニタリング周辺を含めた細かな機能性の部分でも懐の深さが随所に見られる本機。1台でのMADIやDanteサポートに加え、SoundGridServerへの対応などからも現場ユーザーのニーズに応えるオープンなシステムと開発コンセプトが見て取れます。
おそらく今月のInterBEE 2014でのお披露目は確実かと思われますが、Rolandがこのコンパクトなボディに凝縮した、時代を変革するための可能性を是非実機に触れて体感したいものです。続報にご期待ください!

Roland O・H・R・C・A製品ページ

Roland >>

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、2.00点です。
この記事に対して、1名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート


ショー・レポート記事を検索

ショー・レポート記事を検索

フェードバナー(244px)

  • miyaji
  • miyaji
  • miyaji
  • miyaji
  • miyaji
  • miyaji
  • miyaji
  • miyaji

注目記事ランキング

Twitter

Follow me

facebook

Follow me

ページの先頭へ戻る