HEADER

パンくずリスト

フェードバナー(780px)

NAB 2015 / musikmesse 2015

AVID Connect : JAPAN Confarence

日本からの来場者向けのJAPAN Confarence開催!DNxIOの詳細な情報がかなり見えてきました!

Avid Connect Musikmesse 2015

AVID Connectの全てのセッションの終了後に、日本からの来場者向けにJAPAN Confarenceが開催されました。日本からのAVIDのスタッフによる日本語での新製品紹介。十分な質問も行う時間があったので、追加の情報が飛び出しています!!

Avid Connect Musikmesse 2015
Avid Connect Musikmesse 2015

上記の資料をご確認いただければお分かりかと思いましが、かなり詳細まで見えてきました。AVIDの純正I/Oとして登場するので当たり前ですが、まだまだ必要な9PINの制御に関してもしっかりとサポートされるということです(Audioパンチインがその証拠です)。昨日の記事にもあったように今後のMedia ComposerのメインコーデックとなるDNxHRへも対応し、コーデックモジュールが搭載されるということ(開発中)。

対応フォーマットも4K,UHDそして、BT.2020、3D LUTといった次の世代で必須となる機能を盛り込んできています。かなり高性能なI/Oということが見えてきました。Artist|DNxIOという名前で紹介されていたため、低価格帯の製品とも思われましたが、実際はかなりハイエンドの製品となっている模様。予想価格は50万前後になるのではということです。しかしこの50万にはMedia Composerバンドルの製品ということなので、単品ではもう少し安くなるのではないかと思います。また、既存のMojo DX , Nitris DXからのアップグレードパスも準備が検討されているということ。今後の4K対応を考えるとハードウェアの交換プログラムはユーザーにとって嬉しい選択肢となりそうです。

Writter Y.Maeda

AVID

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、2.00点です。
この記事に対して、1名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート