株式会社メディア・インテグレーション Rock oN Company | 03-3477-1756

2015年9月9日 キャンペーン, ,

ノウハウと共に手に入れる 半期大決算SALE Pick Up Product! Studiologic Sledge


150909_salepickup_508

イタリアの鍵盤メーカーFATAR(ファタール)」が手掛けるキーボードブランド StudiologicのVAシンセサイザーSledge。Waldorf社製のサウンド・モデリング技術を採用したパワフルな音源と直感的なユーザー・インターフェイスで、サウンドクリエイトが可能なシンセサイザーです!

Waldorfの最新技術を採用

Sledge

SledgeはあのWaldorf Music社のモデリング技術のデジタル・シグナル・プロセッサを採用。3OSC、2LFOのバーチャルアナログシンセでありながら、PPG Waveの波形を全て移植しているというところがマニア泣かせの嬉しい仕様。24/12dbを切替可能なスロープ付きマルチモード・フィルタもWaldorfのアルゴリズムでできていて、太くキレの良いバラエティに富んだサウンドを奏でます。

視覚性の高いシンプルなトップパネル

人間工学に基づいて配置されたノブやスイッチが並んだトップパネルは、MINIMOOGとよく似たOSC →MIXER →FILTER という構成。いわゆる減算方式のアナログシンセの基本的かつ究極の定番構成で、アナログシンセの仕組を理解していればマニュアルと長時間格闘しなくても使うことができます。

一つの操作子には一つの機能だけがアサインされているため本物のアナログシンセのように任意のパラメーターに即アクセスが可能。音作りのために深い階層へ潜る必要もなく、一目でほぼ全てのパラメーターを把握できるイージーさです。

一流メーカーならではのハードウェアへのこだわり

タッチにこだわった鍵盤には、Nord、access、Novation等シンセサイザーのトップブランドにも採用されているFatar製TP/9S Synthersizer 鍵盤を搭載。間違いの無い弾き心地を約束してくれます。

Studiologicのこだわりとして入出力はボディ左側にまとめられています。これは、スタジオに設置した場合にはボディ後ろにケーブル端子分の無駄なスペースを作らず、ライブでは観客側からケーブルが見えず、見た目がとてもスッキリするという利点があります。

その他、さすがは一流鍵盤メーカーが作ったシンセサイザーなだけあって、ベンド/モジュレーションホイールやノブ、スイッチ一つに至までが人間工学に基づいた設計がなされ、演奏者が快適に演奏/音作りができる仕上がりとなっています。

そしてこれらの機能性をパッケージングした筐体は見ての通りのイエローカラー。この印象的なルックスはシンセ済みでなくとも惹かれるのではないでしょうか。

banner_2015-1

Rock oN渋谷店舗のご案内
カテゴリー別に注目記事をピックアップ!