NAMM 2014

Winter NAMM 2014 : KORG

今年もKORGからはユーザーの『楽しい』が伝わってくるような遊び心溢れる3つの新製品がNAMM 2014 で登場!

NAMM2014 KORG ブース
今年のnamm 2014 KORGからはユーザーの『楽しい』が伝わってくるような遊び心溢れる新製品が満載! 動画による最新プロダクト紹介に加え、Rock oN AWARDから『Popular Award』を受賞したMS-20miniの授賞式が企画担当坂巻氏を交えて行われるなど盛沢山のNAMM2014 KORGブース!

◯30年の時を経て今現代に甦ったKEYTAR『RK-100S』!
NAMM2014 KORG ブース
ギターから主役の座を奪うために作られた美しいステージキーボードRKシリーズが遂に現代に甦りました! まずはKorg商品企画室 村北氏によるプロダクト紹介をご覧下さい!


当時は無かったKORG御謹製のアナログモデリング音源と数々のコントロール機能を搭載して、重量たった3.4kg(電池含め!) 単三型アルカリ電池×6本で4時間、普段は別売のACアダプターで使用が可能です。
NAMM2014 KORG ブース
重要なコントロール性能ではネック部分のショートリボンコントローラーと鍵盤下のロングリボンを両搭載。ピッチベンドやモジュレーションからノート発信まで自由自在に扱えます。さらに鍵盤上の4ボタンではBank切替の他Tapテンポなどの機能も搭載しており、LIVE中点灯してキーボードを輝かせます!8ボタンでの音色切替も鍵盤上部のため操作もしやすいですね。 鍵盤左下のダイアル表示機能により詳細な数値パラメーターも表示する事が出来ます。
NAMM2014 KORG ブースNAMM2014 KORG ブース
何より強調したいのはマイク入力端子を使ったボコーダーです! この時点でもうヘッドセットマイクとセットで購入確定ですね。さらになんと本体側面のボディ(カラーリング部分)は木製仕上げとのこと、所有欲を強くくすぐるKEYTAR『RK-100S』は4月上旬の発売予定です!

◯鍵盤MIDIコントローラーを次なるステージへ!『taktile』シリーズ新登場!
NAMM2014 KORG ブース
MIDIキーボードというと鍵盤やPad、フェーダーやトランスポート類が定番ですが、さらにKORGならではの発想を加えて作られたMIDIキーボードがこの『taktile』です。

NAMM2014 KORG ブース
・指1本でメロディが弾けるKaossilator譲りのタッチ・パッド
・コード/キー・スケール指定演奏可能なトリガー・パッド
・DAW専用コントロールプリセット
・KROMEゆずりのセミウェイテッド鍵盤
・タッチパッドはマウス代わりにも使用可能

何よりこれだけの機能を備えた汎用MIDIキーボードが49鍵が19,800円、61鍵が29,800円。
NAMM2014 KORG ブース
そしてもう一つ、TRITONが NAMM 2014で解禁です。Tritonの音色を搭載したコントロールキーボードTaktile Tritonも登場予定。こちらも49が29,800円、61が37,800円と高いコストパフォーマンスが魅力です。2月上旬の発売予定!
NAMM2014 KORG ブースNAMM2014 KORG ブース

◯あなただけのMS-20を組み立てよう! フルサイズで使い勝手も向上したMS-20kit!
NAMM2014 KORG ブース
Rock oN Award『Popular Award』を受賞したMS-20mini。namm 2014 会場では同製品の企画を行ったKORG坂巻氏を迎えての授賞式が行われました。往年のファンはもちろん、パッチシンセ初心者にその魅力を驚くほど低価格に体感出来る同製品は間違いなく昨年最も人気を集めたプロダクトと言えるでしょう。
NAMM2014 KORG ブース
そしてマニア心をさらにアツくするMS-20の新作がNAMM2014でも発表されました。特殊な工具や電子回路知識を必要とせずプラモ感覚で組み立てるリアルアナログシンセサイザー、その名も『MS-20 kit』!
NAMM2014 KORG ブース
NAMM2014 KORG ブースMS-20mini同様にオリジナル開発エンジニア西島裕昭氏が責任監修を務め、当時のサウンドを完全再現。
それでいてminiではミニジャックだった出力が標準フォーンに変更されるなど、オリジナルサイズになる事でユーザビリティは向上。さらに前期型/後期型2種類のフィルターキットもマニア心をくすぐります。
アナログシンセを愛する全ての方に組み立ててほしい、そんな熱いプロダクトキットです!
NAMM2014 KORG ブース

その他にもiOS Apps『KORG Gadget for iPad』などなど、今年もユーザー達の楽しいという声が聞こえてきそうなプロダクトが多かったNAMM 2014 KORGブース。しかし昨今低価格プロダクトのリリースが多い点からも、市場のアナログブームを牽引するようなフラッグシップモデルの開発へ期待が高まっています。坂巻氏らの次の一手に期待が高まりますね!
NAMM2014 KORG ブースNAMM2014 KORG ブースNAMM2014 KORG ブースNAMM2014 KORG ブース
KORG

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、3.80点です。
この記事に対して、15名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に関するツイート