HEADER

パンくずリスト

フェードバナー(780px)

NAMM 2015

NAMM2015 : Slate Digital

VMRと共通グラフィックとなるVCC2.0が登場! 昨年リリースのVMRシャーシはフリーダウンロード可能なためVCCユーザーは無償でアップグレードが可能!

namm2015 Rock oN StevenSlate
あたらしくアナウンスされたVCC2.0は、フォーマットとしてはVMRのモジュールとしてインサートすることとなります。
namm2015 Rock oN StevenSlate
VMRでVCC2.0を読み込んだ状態をデフォルトとして保存すれば、現在と同様のワークフローで作業を進めることができます。プラグイン・リストからVMRを選択しインサートすれば、デフォルトとしてVCC2.0が即座に読み込まれてスクリーンに表示されます。それ以外の余計な手順は必要ありません。VCC2.0だけを使用するのが目的であれば、VCCの替わりにVMRがプラグイン・リストに表示されるものだとお考え下さい。昨年リリースのVMRシャーシはフリーダウンロード可能なためVCCユーザーは無償でアップグレードが可能で、VMR用モジュールを別途購入する必要は一切ございません。

モデリングに、新たにBrit 4kが追加され全部でアナログ・コンソール6モデル。Brit 4kはSSL4000Kをモデリングしており、ミックスに、美しいローエンドと曇りの無い厚いローミッドを与え、空間もより広がりを得て、ミックスがよりエキサイティングになります。

GUIも大幅に新しくなり、サブメニューなしで全てフロントパネルからアクセス可能のデザインに。input、outputトリムとlinkスイッチを搭載。inputレベルを上げ、outputレベルを絞る事で、DRIVEパラメーターのキャラクターとは違ったタイプのサチュレートサウンドが可能です。

Slate Digital>>

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、4.00点です。
この記事に対して、8名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート


ショー・レポート記事を検索

ショー・レポート記事を検索

フェードバナー(244px)

korg
  • hookup
  • hookup
crypton

注目記事ランキング

ジャンル別の記事を表示!

Twitter

Follow me

ページの先頭へ戻る