NAMM 2014

Winter NAMM 2014:McDSP

緑のプラグインでおおなじみのMcDSPから、NAMM 2014ではReason上で動作するRack Extensionの発表です。昨年発表のAE400もアツい!!

NAMM 2014でMcDSPはREASON上で動作する3種類のRack Extensionを一つ$49で発売すると発表がありました。ちなみに3つ一緒に買うと$119。もちろん解説は、Blog”Colin's Corner”でもお馴染みの開発者、社長でもあるColin McDowell氏。レポーター2名との記念写真からスタートです。
namm 2014 McDSPブース
早速、新作Reason Rack Extensionsそれぞれを簡単にご説明。

・C670
namm 2014 McDSP C670
namm 2014 McDSP C670
説明不要のVintageの銘機(670と言ったらFiarchildですね)をモデルとしたシンプルな3ノブコントロールのコンプレッサー。$30,000のVintageのサウンドが!!と気合が入っています。

・Moo Tube
namm 2014 McDSP Moo Tube
namm 2014 McDSP Moo Tube
真空管コンプのシュミレーション。”MOO”なサウンドが欲しければこれ!!と説明されたのですが、”MOO”って、、、、、、Fatが一番近いニュアンスかと思います。デザイン的にはMANLAY!!と思ってしまったのは私だけでしょうか?

・FRG-4RE
namm 2014 McDSP FRG-4RE
namm 2014 McDSP FRG-4RE
Feed-Fowered回路をシュミレートしたコンプレッサー。調整幅の広いこのRack Extensionは様々なシーンで活躍可能。この回路を採用した代表はSSLのChannel Stripですよね。McDSPでは”The Frog”という表現、、、、、ニュアンス汲んで下さい。
namm 2014 McDSP FRG-4RE
昨年発表された、新しい発想に基づいた”AE400″も盛んに説明していたのが印象的。これはマルチバンド・ダイナミック・イコライザー。ダイナミックEQ自体は他にもプラグインとしてリリースされていましたが、マルチバンド処理となるとこれしか思いつく製品がありません。コンプレッサーと違い、Qを設定して一部分だけをリダクションすることが可能なダイナミックEQを利用すれば、緻密なマスタリング作業な行える環境がてにはいります。それ以外にもアイディア次第で活躍の幅が広がるプラグインです。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、Reason Rack Extensionsの原型はすでに発売されていた『6030 Ultimate Compressor』のU670、MOO TUBE、FRG444です。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、3.86点です。
この記事に対して、7名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事に関するツイート