HEADER

パンくずリスト

フェードバナー(780px)

NAB 2015 / musikmesse 2015

Musikmesse 2015 Day 1:Roland AIRA(2)

Roland SYSTEM 500のPHASE 572のサウンド動画追加!SYSTEM-1mの技術解説動画も!

aira_1
AIRAによるまさかのモジュラーマーケット参入で大興奮の会場の様子と動画によるマニア垂涎のサウンドをお届け!ACBモデリングやPLUG-OUTでデジタル新旋風を巻き起こしたAIRAが、遂にアナログモジュールSYSTEM-500シリーズをMalekko Heavy Industryとの強力タッグで開発!凄まじいことになってきましたよ!

SYSTEM 500シリーズ

まずは最大の衝撃だったSYSTEM 500シリーズのMalekko Heavy IndustryのJosh Holley氏による紹介動画を御覧ください!

Josh Holley氏も絶賛のPHASEモジュール「572」のえぐいサウンドがたまりませんね!PhaserとしてだけでなくLFOやディレイもあり、複合的なサウンドメイクができます。
500_1

SYSTEM-1&セミモジュラーSYSTEM-1m


そしてSYSTEM-1がセミモジュラー化したSYSTEM-1mとAIRA EFFECTSはフルデジタル。SYSTEM-1はCV/GATE端子の周りがLEDで色分けされているので、暗闇でも視認性抜群!ライブパフォーマンスの現場でモジュラーシンセが活躍するケースが増えている昨今、ありそうで無かったこの配慮は嬉しいですね!
syseffe
こちらはSYSTEM-1とPLUG-OUTの「SH-101」「SH-2」そして「PROMARS」です。向かって左のSYSTEm-1には素敵なオーバーレイシートが載っています。スイカみたいなカラーリングですね!SYSTEM-1mではこのPLUG-OUTシンセをインストールした状態でセミモジュラー化するので、セミモジュラーのSH-101、SH-2そしてPROMARSが誕生することになります。まさしく夢のマシンですね!
po

Arturia Originのようなブロックごとにバーチャルに組み上げることができますが、SYSTEM-1mは実機自体がセミモジューラーなので、外部のモジュラーシンセなどに電圧やオーディオを送ってサウンド作りが行える点が新しい!本当に目から鱗の現代のモジュラーシンセですね!
sysyoko

4つの超新星AIRA EFFECTS

bit
そして注目の4機種!何と言ってもAIRAシリーズとも代名詞とも言えるハイレゾ動作、そして本体に6つアサインできるサブモジュールが出色!つまみの動作が1600万段階以上のとんでもない滑らかさはAIRAならでは。サブモジュールのエディターアプリやこのモジュールのサウンド動画は明日チャレンジしてきます!乞うご期待!

製品仕様や詳しいレビューはこちら
AIRA MODULARのエディターアプリ「AIRA Modular Customizer」の動画解説はこちら

airabooth1

Writer:ACID渋谷

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、4.67点です。
この記事に対して、3名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート