HEADER

パンくずリスト

フェードバナー(780px)

NAB 2015 / musikmesse 2015

Musikmesse 2015 Day1 : EVE Audio

DSPを搭載しモニター環境を理想にグッと近づけるEVE Audioからは、同社最小のモニタースピーカー「SC203」とパッシブ回路スピーカールーター「PMR 2.10」が満を持して登場!CEOであるRoland Stenz氏にお話を伺ってきました!

SC203 at Musicmesse 2015

DSPを搭載することで、スピーカーのサイズや音量に関わらずモニター環境を理想にグッと近づけるEVE Audio。早速、直前情報にもあった同社最小のモニタースピーカー「SC203」とパッシブ回路のモニタールーター「PMR 2.10」を発見!

さらにEVE Audio CEOであるRoland Stenz氏にお話を伺ってきました!その映像がこちら!

EVE Audio最小のモニタースピーカー「SC203」

SC203 at Musicmesse 2015

まずはニアフィールドスピーカー「SC203」。今までのSCシリーズと同様にDSPを搭載しています。小口径スピーカーでは再現が難しく歪みやすい重低音の再生をDSPが行う事で、ナチュラルでバランスの良い音を鳴らせるようになっています。ツイーターはこのSC203のために新たに開発されたµA.M.T. Tweeter(マイクロA.M.Tツイーター)を採用しています。

SC203 at Musicmesse 2015

背面を見ると皆がおっ!と思うのではないでしょうか。SC203はパッシブ・ラジエターを搭載! これにより最低再生周波数62Hz(-3dB)までを再生。見た目のサイズ感からは想像できないほどの低域をしっかりと豊かに再生してくれます!!

SC203 at Musicmesse 2015

こちらが背面の接続部。ステレオRCAアナログ入力、RCAサブウーファー出力のほかに、デジタル信号をダイレクトに入力するUSB端子やサブウーファー接続時のサテライト・フィルターのスイッチングなどがついています。「田」型のコネクタでもう片方のスピーカーとリンク。音声信号と電源をおくります。

SC203 at Musicmesse 2015

また上記の写真を見ていただくとわかるように、SC203にはオレンジ色のおしゃれでかわいいFlexiPadsが同梱されます。このスピーカースタンドにより設置する角度を0°、7.5°、15°の三種類で調節できます。つまりはデスクトップに直接置いて使うことが想定されているわけですね。ちなみにウォールマウントなどのオプションも発売されるようです。

パッシブ回路スピーカールーター「PMR 2.10」

PMR 2.10 at Musicmesse 2015

↑ 画像の一番下にある銀色のラックが2入力・10出力のパッシブ回路スピーカールーター「PMR 2.10」!高品位なTRSジャック・ソケットを搭載し、リモート・コントローラとLEDインジケーターを従え登場。

PMR 2.10 at Musicmesse 2015

こちらがそのリモート・コントロールを行うスピーカーセレクター。黒いボディをまとい堅牢な作りをしています。

PMR 2.10 at Musicmesse 2015

LEDインジケーターは写真右上。SC203と比較するとわかりやすいのですがかなり文字が大きくわかりやすい!という印象を受けました。作業現場で様々なモニターを使う環境にはうってつけではないでしょうか!

PMR 2.10 at Musicmesse 2015

自信たっぷりの笑みで今回の新製品紹介をしてくださったRoland Stenz氏。今まで以上にモニタースピーカーの選択の幅が広がり、省スペースの制作環境でもバランスの良いサウンドを出せるようになったのはとても魅力的なことではないでしょうか?SC203ですが、9月発売予定で価格はセットで7万円程度の予定です。
今やモニタースピーカー界の大きな柱の一つであるEVE Audioのこれからの更なる発展が楽しみです!

EVE Audio

Writter Y.Togashi

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、5.00点です。
この記事に対して、3名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート