HEADER

パンくずリスト

フェードバナー(780px)

NAB 2015 / musikmesse 2015

NAB 2015 Day2 : ZEISS

高品質レンズでおなじみのZEISSブースでは、Super35センサーを搭載した各社の最新の4KカメラとCP.2 Compactズームを組み合わせて展示

SONY DSC

高品質レンズでおなじみのZEISSブースでは、Super35センサーを搭載した各社の最新の4KカメラとCP.2 Compactズームを組み合わせて展示、ATOMOS SHOGUNを外部モニターとして設置し、その写りを確認できるようにしていました。

SONY DSC

SONY DSCSONY DSC


概ね標準ズームがマウントされていましたが、ARRI AMIRA、Panasonic varicam35、Sony FS7のどのボディとも非常にバランスの良いサイズ感だと感じます。
なお、CP.2 Compactズームには、15〜30mm / T2.9、28〜80 / T2.9、70〜200 / T2.9と有り、これらはそれぞれ4Kを前提とした新しい性能基準に対応したシネズームとなっているうえ、交換可能なマウントシステムを搭載している為、DSLRからシネマカメラまで幅広く柔軟に対応可能となってます。
スチールで言う、35版フルサイズセンサー(36x24mm)での撮影に最適化されているものの、そのイメージサークルの直径は最大43mmとなっており、RED DRAGON®にも対応しているとの事。

Zeiss05

映像のフォーマットが4Kになる上で、その高解像度を活かすためのレンズの更新の必要性、レンズ選択の重要性が叫ばれているところですが、機材のグレードアップや、現在のHD機材からそのうち4K対応をしようとお考えの方にはベストなレンズ群ではないでしょうか。NAB会場でもカメラの新製品も多いのですが、実際のユーザーの興味はレンズの方へシフトいているという空気を感じます。カメラ自体はすでに機能としては十分。しかし4Kとなると今まで以上にレンズの差がはっきりと出るということではないでしょうか。

ZEISS >>

Writer : Toshima

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、1.00点です。
この記事に対して、1名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート