NAB 2014

AoIP

Internet接続などで利用されている汎用性の高いTCP/IPをベースに音声を送信する技術。

ネットワークオーディオ(AoIP)
Ethernet Cableでの接続。Internet接続などで利用されている汎用性の高いTCP/IPをベースに音声を送信する技術。古くはISDN回線による電話が有名ですが、実はレイテンシーが大きく録音・制作用途には不向きでした。TCP/IP技術の進化による回線速度の向上とPCの高速化により、レーテンシーを押さえ、非圧縮での音声伝送を実現したものを大きくAoIP(Audio over Internet Protocol)と呼びます。AoIPの中で各社が規格を作成しており、それが『Dante』、『Ravenna』等となります。
AoIPでの伝送は、従来のアナログ/デジタル伝送で一般的なPtP(Pire to Pire=1対1)ではなくTCP/IPで採用されているスタートポロジーにより複数の相手へ一括での信号伝送が可能。1本のケーブルで多チャンネルの電装が可能ですので、従来のように1チャンネルごとにINとOUTをつなぐのではなく、機器と機器をEthernet CableでSwitchを経由してつなぎ合わせることで双方向かつ、マルチチャンネルの伝送を実現しています。

CreativeMinds WordPress Plugin Super Tooltip Glossary
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

まだ誰も投票していません(>_<。)"

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート


ショー・レポート記事を検索

ショー・レポート記事を検索

注目記事ランキング

Twitter

Follow me

facebook

Follow me

ページの先頭へ戻る