NAB 2014

4K

HD(1920×1080ピクセル)の4倍の面積に当たる次世代のテレビ放送、及び映像技術。

次世代のテレビ放送、映像技術として各メーカーがHDの次のステップとしている技術。HD(1920×1080ピクセル)の4倍の面積に当たる4K UHD(3840×2160ピクセル)が放送業界で、映画業界では更に横に長いDCI 4K(4096×2160ピクセル)を採用している。実際にテレビなども発売が始まり、民生用のビデオカメラも発売が始まっている。世界の各国も放送に向けた実験などが盛んに行われている。
余談ではあるが、日本ではNHKが4Kの更に上を行くスーパーハイビジョンと呼ぶ8K(7680×4320)を推進し2020年の放送を目指し急ピッチでの技術開発が進んでいる。

CreativeMinds WordPress Plugin Super Tooltip Glossary
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

まだ誰も投票していません(>_<。)"

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート


ショー・レポート記事を検索

ショー・レポート記事を検索

注目記事ランキング

Twitter

Follow me

facebook

Follow me

ページの先頭へ戻る