NAB 2014

NAB 2014 : Audio-Technica

ブース内で一際目立つサインをあげていたのは発売したばかりのヘッドフォンATH-M20x、ATH-50x。そして既存の概念を覆した4長方形ダイヤフラムを4枚組み合わせたAT-5040が堂々とそびえ立つ展示でした。

NAB2014 3day Audio-Technica 81

非常に評価が高かったM50の後継機であるATH-M50x。NAB 2014のAudio-TechnicaブースからはそのATH-M50xのジャックの着脱方法を撮影してきました。

ヘッドホンは長く使っているとケーブルが断線し易いですが、このATH-M50xと既にリリースされているATH-M40xはケーブルの着脱が可能。しかも、着脱が簡単。ジャックを差し込んでひねる、というとても簡単な着脱方法ながらも、ちゃんとロックがかかるので、使用中に抜け落ちる心配無し。

また、コンパクトにたためるので、スタジオ常設のみならず、運搬にも向いていますね。また付属ケーブルが3種類付属しているので、環境に合わせて使い分ける事が可能です。日本の製品って気が利くなぁと改めて思います。

NAB2014 3day Audio-Technica 86

また、ワイヤレス用マイクロフォンとしてBP894-THなどシリーズ製品を展示です。

NAB2014 3day Audio-Technica 83

NAB2014 3day Audio-Technica 82

もちろん、放送機器展ですのでカメラ用のステレオマイクも展示。

NAB2014 3day Audio-Technica 85

撮影機材系といえば、ガンマイクもそうですね。モノラルだったり、ステレオだったり・・・。こう見ると、一口にガンマイクといっても様々な種類がありますね。

NAB2014 3day Audio-Technica 95

もちろん、コンデンサーマイクも展示。

NAB2014 3day Audio-Technica 89

こうやって展示されるとラジオスタジオを思い浮かんでしまうのは、私だけでしょうか…。

NAB2014 3day Audio-Technica 92

もちろん、その他のシリーズマイクロフォンも展示中。膨大なマイクの数に圧倒されたブース展示でしたが、それだけアメリカでも評判が高いという証拠ですね。

Auido-Technica

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、3.67点です。
この記事に対して、3名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート


ショー・レポート記事を検索

ショー・レポート記事を検索

注目記事ランキング

Twitter

Follow me

facebook

Follow me

ページの先頭へ戻る