NAB 2014

NAB 2014 : ATTO

ストレージ&ネットワークソリューションで広がりを見せるATTOは、NAB 2014ブースでFiber接続ソリューションを展開!

NAB2014 1day ATTO 2-101

デジタルフィルム、4K、MAMなど幅広い環境を想定し、様々なFiber ChannelカードやSwitching HUBをリリースしてきたATTOも続々10GbE通信の新製品を投入!!

NAB2014 1day ATTO 2-94

NAB2014にてATTOがフォーカスしてきたソリューションはもちろんFiber接続ソリューション。パネルにはデジタルフィルム、4K、MAMのための共有された高性能ワークフローでのソリューションとしっかり明記されていますね!!

NAB2014 1day ATTO 2-95

ATTOもThunderbolt Desklink DeviceとしてThunderLinkというシリーズの変換ボックスをリリースしてまいりました。このボックスはOWCのブースでもAccelerate Partnerということで展示されていましたね。

外観は全て共通で、Thunderboltから変換される形状が異なります。

NS 2102 はThunderbolt to 10GBASE-T(2Port)の形状で6月発売で$1395とのことです。同シリーズでFiberChannel へ変換するFC2162は7月発売の予定。

Thunderbolt2は20Gbpsという高速バスですので、通信インターフェイスとして性能十分ということを、製品をもって提唱しているということですね。

NAB2014 1day ATTO 2-98

NS12。PCIe 2.0対応のカードがリリースされました。双方向で10Gbpsに対応です。

 

NAB2014 1day ATTO 2-99

FastStream SC8550E。RAIDコントローラーのボードもリリースです。

ブースの構成として、個々の製品を説明しているものの、構成されている製品は全てを合わせると一つのネットワークシステムとして構成さている。そんな展示でした。「ATTOでシステムを構築すればこの様にワークフローが組めますよ」そんな提案がブース全体で表現されていました。

最後に、丁寧に説明をしてくれた JIL HOHLさん。どうもありがとうございました。

ATTO
NAB2014 1day ATTO 2-96

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、2.00点です。
この記事に対して、2名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート


ショー・レポート記事を検索

ショー・レポート記事を検索

注目記事ランキング

Twitter

Follow me

facebook

Follow me

ページの先頭へ戻る