NAB 2014

NAB 2014 : OWC

Apple 周辺機器でおなじみのOWCからThunderbolt接続製品がNAB 2014で続々登場。


NAB2014 1day OWC 2-73

Apple 周辺機器でおなじみのOWCからThunderbolt接続製品が続々登場。最大96TBに対応したストレージも登場でますます拡張性が広がります。

NAB2014 1day OWC 2-74

NAB 2014でフューチャーされていたのはThunderboltソリューション。やはりAppleコンピューターで高速通信といえばThunderboltは外せませんね。

なかでもクローズアップして展示されていたのはJupiter KOREシリーズでした。しかも、ATTOとのAccelerate Partnerということで、ATTOのThunder Linkシリーズと共に展示です。

NAB2014 1day OWC 2-75

Fiber接続の2Uラックマウントのシャーシで、最大96TBまで対応可能です。OWCとしてはシングルユーザーに向けての拡張ソリューションの様ですが、内蔵ドライブをSASで構築したり、ATTOのThunder Linkを使用してThunderboltからFiberchannelへと変換してあげる事で最大48Gb/sを謳っておりました。

これだけ高速通信が出来れば、シングルユーザーだけではなく、サーバーにストレージとして持たせて、NASとして使用したくなりますね。

また、Thunderbolt接続対応のHDDシャーシであるThunderBay Ⅳも、Thunderbolt デバイスとして大きくまとめて展示されておりました。

弊社でも店頭にてデモ機が展示されているMercury Pro Qx4の後継機となるモデルで、3.5インチHDDを4台マウント出来るシャーシで、お手軽に導入出来るモデルです。

NAB2014 1day OWC 2-78

他にも2.5インチHDDなどもNAB 2014 ブースに展示されておりました。

NAB2014 1day OWC 2-77

MacProの形状が変わり、PCIスロットやストレージを外部に用意する必要があるということで、どの製品もどれだけ高速環境で拡張出来るかがに焦点をおいた製品ばかりです。これだけ選択肢が増えれば、Mac環境でのシステム構築も幅広く対応出来る事間違い無しですね。

OWC

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、2.50点です。
この記事に対して、2名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート


ショー・レポート記事を検索

ショー・レポート記事を検索

注目記事ランキング

Twitter

Follow me

facebook

Follow me

ページの先頭へ戻る