NAB 2014

NAB 2014 : NVIDIA

グラフィック処理の高速化に書かせないGPU。NAB 2014ではGPU AccelarationとGPU codingを中心に展示!

NAB2014 1day NVIDIA 2-117

コンピューター用のグラフィックチップで有名なNVIDIA。なぜNAB 2014に出展?と思う方もいるかもしれませんが、いまや映像 / 編集業界は動画の変換や、編集のアクセラレーションのためにGPU(Graphic Processing Unit)を利用するソリューションが主流となっています。そのため会場でもGPU Accelaration、GPU codingといった技術展示を行っています。

NAB2014 1day NVIDIA 2-118

こちらは、NVIDIA IRAY VCAと呼ばれるレンダリングアクセラレーションの展示。3Dフレームから写真画質でのレンダリングをAccelarateする技術とのことです。

NAB2014 1day NVIDIA 2-119

もう一つが4K De-Bayering。やはり4k動画となるとその処理は1kと比較して単純に考えても4倍。ベイヤーパターンと呼ばれるノイズを除去するのにもかなりのプロセッサーパワーを必要とします。それをGPUで行うというのがこちらの展示。

NAB2014 1day NVIDIA 2-121

そしてもちろん、実際にPC内部で動作しているGPUカードの展示も。

ハイエンドのワークステーション向けのボードに混じって、奥から2番目に携帯デバイスがあるのにお気づきでしょうか?

NVIDIAはTegraと呼ばれるCPUも生産しています。こちらも携帯デバイスに3Dリアルタイムレンダリングを必要とするアプリケーションを導入することを可能とする最新のソリューション。こういったポータブルデバイスの進化が今後インターネットコンテンツの4k化の際のデコードなどにも活用されることでしょう。

「ビジュアルコンピューティング」とNVIDIA社が呼ぶグラフィックに関する全ての高速化に必須機能となりつつ有るGPU。BtoBがメインの展示会ならではのブースだと感じますね。

NVIDIA

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、2.50点です。
この記事に対して、2名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート


ショー・レポート記事を検索

ショー・レポート記事を検索

注目記事ランキング

Twitter

Follow me

facebook

Follow me

ページの先頭へ戻る