NAB 2014

NAB 2014 : STUDER

StuderがVISTAシリーズからのVISTA Xを発表。スパコンレベルのDSPエンジンを搭載したフラグシップモデルコンソールが登場!

NAB2014_2B_88__1

満を持してSTUDERから登場した新製品 VISTA X。ミキシングコンソールはVISTA 9と似ていますが、一番変わっているところはコンピュータの心臓部であるDSPエンジンです。

NAB2014_2B_87__1

DSPに新しくInfinity Coreを採用し、そのパワーは5000チャンネルのルーティングを可能にするとか!大型コンソールのオーディオDSPとして、既存のSHARKやFPGAではなく、新しいInfiity Coreだからこそ実現されたパワーですね。

NAB2014_2B_84__1

また、CPUベースのDSPも搭載しているとの情報もありました。通常使用しているDSPが故障してしまった時、CPUベースのDSPと切り替えられられますので、冗長化されています。

また、オーディオインターフェイスもD 23 I/Oが同時発表となりました。装着できるカードは共通のものですが、VISTA XはDSPがInfinity Coreになり、Infinity CoreとD23 I/Oを接続するのがA-Linkとなりました。

NAB2014_2B_83__1

A-Link対応となったので、このインターフェイスから直接MediorNetに接続出来ますね。Vista 9 同様にA-Link対応とは謳っている物の、親和性はそれ以上です。

NAB2014_2B_82__1

SHARKやFPGAは15年以上前の「過去の物」という結論と思えて、とても驚きました。と同時に、STUDERの方向性は間違いなく大きく前進していることを裏付ける製品でした。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、1.00点です。
この記事に対して、1名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート


ショー・レポート記事を検索

ショー・レポート記事を検索

注目記事ランキング

Twitter

Follow me

facebook

Follow me

ページの先頭へ戻る