Musikmesse 2014

Musikmesse 2014 : AVALON DESIGN

そのクオリティーはヨーロッパでも絶賛。Musikmesse 2014 ブースにおいて、Avalon Designはお馴染みのラインナップをずらりと並べての展示です。

Musikmesse2014 AVALON Designブース

 

アメリカ カリフォルニアに本拠地を構えるAvalon DesignのMusikmesse ブース。新製品こそなかったものの、厳選されたパーツによるディスクリート回路と、クラスAプリアンプによる、極めてローノイズかつワイドレンジなサウンドでありながら音楽的な艶やかさを生み出す技術を誇り、AD20シリーズを代表とするマスタリングクオリティのアウトボードの一流ブランドとして、スタッフと実機のサウンドを語らうお客様が目につきました。

Musikmesse2014 AVALON Design

定番のVT-737 SPはマイクプリ、EQ、コンプを一体にまとめた真空管搭載チャンネルストリップで現在は2色がラインナップ。そのサウンドで特筆すべきは、真空管ならではの、きらびやかな倍音を持ちつつもタイトかつ量感のあるローエンド!このトップエンドのきらびやかさとローミッドから下にかける声の「コシ」は、プレゼンスに若干のピークを持たせたU87と抜群の相性を誇り、このコンビは業界では「鉄板セット」とされています。
またVT-737を使う時は若干ゲインを高めに設定して、軽くオーバードライブさせたサウンドでボーカル/ギター/ベース/ドラムなどをレコーディングしてみてください。荒々しくもナチュラルな真空管らしい歪みにより、ピークが抑えられた太いサウンドが得られます。
マイクプリ部とは趣を変え、EQとコンプは非常にナチュラルでクリアな音質なので、良い意味で色付けをせずに音の加工ができます。存在感があり力強さとマイルドさの両面を持つVT-737がR&B系のシンガー/エンジニアに好まれる理由がここにありますね。
画像のブラックパネルバージョンはこれまでに一度は限定バージョンとしてリリースされ、人気を博したモデル。青色LEDが光る精悍なルックスはスタジオの中でもクールに映えること間違いなしです。

Musikmesse2014 AVALON Design

AVALON DESIGN

 

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、2.50点です。
この記事に対して、2名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート