Musikmesse 2014

Musikmesse 2014 : Focusrite

Dante採用のFocusrite RedNetシリーズに追加ラインナップD16 AES/MADI ConverterがMusikmesse 2014で登場。

Musikmesse2014 Focusrite

Dante採用のFocusrite RedNetシリーズに追加ラインナップ登場です。D16という型番のAES 16ch <> DANTEの双方向コンバータがリリース。他にもNAMM 2014で発表になったiTrackdockがヨーロッパで初お披露目、VPR互換のRED 1 500も展示されています。

Musikmesse2014 Focusrite RedNet

●DANTE / AESのDD Converter RedNet D16が登場!

Musikmesse2014 Focusrite RedNetRedNetシリーズにMADI/AESってなかったっけ?と思った方はいませんか?僕もそう思いました、しかし調べてみるとADAT 8系統64ch / AES 8chをMADIに変換するRedNet 3という機種は有りましたが、AESを16ch以上変換できるランナップはありませんでした。。。
この機種、今までの番号順で考えたらRedNet 7で良かったとも思うのですが、そこは、一つ大きな進化をしているため、別のRedNet D16という型番が与えられたのだと思われます。その機能とは、Danteの2重化。YAMAHAのSR向けのラインナップでは必須の機能として採用されていましたが、RedNetシリーズとしては初のリダンダント仕様のDante搭載となります。シンプルにコンバーターに徹しているので他のメーカーのDante規格の効きとの接続時にも役に立つことでしょう。

●iTrackDeckはNovation lunchPad miniとコラボレーション

Musikmesse2014 Focusrite iTrackDeckピッタリと自然に収まっているこの2機種。こう並べてみないとわからなかったのですが、iPadの画面上のボタンとフィジカルなボタンのサイズ感も近く、直感的に使いやすそう!!と感じてしまいました。iTrack Deckの詳細、動画は、NAMMレポートを御覧ください!!


Musikmesse2014 Focusrite iTrackDeckMusikmesse2014 Focusrite iTrackDeck

 

●Red 1 500はやはり注目度高し!!

Musikmesse2014 Focusrite Red 1 500ここドイツでもFocusriteのアナログ技術は高く評価されていることを感じたのがこのRed 1 500の展示。往年の銘機RedシリーズのプリをVPR互換として現代に蘇らせたこのプロダクト、世界中でRedシリーズが今でも愛されていること、Focusriteのブランド力を感じます。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、3.60点です。
この記事に対して、5名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート