Musikmesse 2014

Musikmesse 2014 : AURO 3D

進化を続ける3Dサラウンド、Musikmesse 2014の開催地 ヨーロッパでの中心はやはりこのAURO 3D!

Musikmesse2014 AURO 3D

映画の未来を占う3Dサラウンド方式の一つ、AURO 3D。最大13.1chノそのフォーマットは、既存の5.1chを2層にし、更に天井にトップチャンネルを設置するというもの。なんといっても従来の5.1chとの高い互換性が特徴で11.1chも13.1chも5.1hに畳み込まれ、劇場に設置されるデコーダーにより3Dサラウンドに拡張されるという脅威の圧縮技術が搭載されています。驚くべきは、畳み込まれた5.1chはそのまま従来の設備で再生できるという点。

Musikmesse2014 AURO 3DMusikmesse2014 AURO 3D


このAURO 3Dを開発したBARCO社はベルギーが本拠地。隣国での開催であるMusikmesse 2014にも出展。新しく進化を続けるAURO 3D製作用のツールを紹介していました。こちらの画面左のプラグインがAURO-PANNER。3D仕様なので、X,Yに加えZ軸(高さ)があるのが特徴的ですね。GUIも直感的に把握しやすく設計されているのが好印象。すでにAAXフォーマットにも対応しているということなのでPro Tools 11でもバッチリ動作するとのことです!!
ProceedMagazineでご紹介しましたが、国内でも日活撮影所様にこのAURO 3Dの設備は すでに導入されています。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、1.00点です。
この記事に対して、1名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート