フェードバナー(780px)

InterBEE 2014

InterBEE 2014:FitEar

3Dプリンタ出力のカスタムシェルを持つ新製品Ayaを発表!プラシーボを避けるためにスペックをあえてブラックボックス化!

FiTEar at InterBEE 2014

実採寸したカスタムシェルがユーザーの耳に吸い付くようにフィットし密閉するおかげで、高いクオリティで必要最小限の音量で忠実なモニタリングが可能。ここは「持ち運べるモニター環境」とも称されるカスタムイヤーモニターを開発するFitEarのブースです。

フラッグシップのカスタムインイヤーモニターMH335DW Customは、Rock oNでエンジニアや音にこだわるアーティストから絶賛され、その評判はいまや制作シーンでも轟いていますが、ここInterBEE 2014では新製品『Aya』が公開されました。

FiTEar at InterBEE 2014

このAyaも上位機種と同じく耳型を採取するカスタムインイヤホンですが、他の製品と大きく違う点は、カスタムシェルを3Dプリンターで出力しているということ。

人ごとに違う耳型をワンオフで作り上げる製品の性質上、原型いらずでローコスト、さらに正確無比な3Dプリンタの利用は大変理にかなっていると言えるでしょう。一度オーダーしてしまえば耳型のデータは残るため「予備にもう1個」欲しいとなった時には同じ形のAyaを作ることができます。

3Dプリンタを使ったカスタムシェルは同社初の試みとなります。気になる製品の仕上がりについては心配無し。3Dプリンタから出力後にザラついているシェルの表面を裏表まんべんなく職人さんが手作業で丁寧に仕上げて組み込みを行うため、最終的には1点もののハンドメイドの精巧さと美しさとなります。

さて気になるスペックについては

・バランスドアーマチュアドライバーを採用

・脱着式のケーブルはFitEar Cable 006

という2点以外はブラックボックス。プラシーボを避けるためあえてスペックを公表せず、音を聴いてすべてを判断してほしいということです。

FiTEar at InterBEE 2014

須山氏とイメージキャラクターのAya。Ayaちゃん。Ayaさん…?

いま巷を賑わせているリスニングオーディオのイヤホンブームの中で、スペック信仰で本当の音が語られにくくなっている現状に「喝」を入れるような製品。須山氏の音楽に対する誠実さとFitEarに対する自負に胸を熱くしていたのですが視線を後ろにすると「何これー!」と(笑)

なんとこのAya、イメージキャラクターがいるそうです。こういう遊び心やギャップも須山氏の魅力の一つです。

最新の製品や情報以外にも、開発者や関係者に出会ってその『人となり』を感じることができるのもショーレポートの楽しみの一つ。まだ体験したことが無い方は来年こそぜひ。

FitEar

proceed_fitear_button

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、3.00点です。
この記事に対して、1名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート


ショー・レポート記事を検索

ショー・レポート記事を検索

フェードバナー(244px)

  • miyaji
  • miyaji
  • miyaji
  • Crypton
  • miyaji

注目記事ランキング

Twitter

Follow me

facebook

Follow me

ページの先頭へ戻る