IBC 2014

IBC 2014 直前Info:Nugen Audio

今年で10周年を祝うNugen Audioからは、ラウドネスの解析/自動補正をバッチ処理で行うLMBの拡張機能”DynAptT “が発表に。よりなめらかなダイナミクス処理で、これまでにない自然なサウンドでラウドネス補正を行います!

lmb-ext-landing2

放送/ポスプロ業界へのサービス開始 10周年を迎える Nugen AudioはLMBの拡張機能を始めとするいくつかの発表を行いました。

DynAptT dynamic adaptation technology for loudness-compliant audio repurposing

NUGENAudio-DynApt

目玉機能がこれ。

複数のファイルのラウドネスをまとめて解析、そして自動補正する LMB(Loudness Management Batch processor)の拡張機能「DynAptT dynamic adaptation technology」が公開されました。

従来のLMBの解析/補正の挙動はターゲットとなるラウドネスに合わせて、全体のゲイントリムかピークオーバーのコンプレッションを行うというものでしたが、DynAptTは元音のダイナミクスを活かし、聴覚的により自然なオーディオ処理を行うことが可能になります。

LMB DPP AS-11 Program Compatibility

DPP AS-11はイギリスの放送局向けの放送規格。LMBはこのDPP AS-11に対応を果たします。

http://www.miroc.co.jp/show-report/nab2014/archives/755

MultiMonitor version 1.1

NAB 2014ショーレポートでもお伝えした、SSLコンソールの拡張オプションである1Uユニットのマルチチャンネル対応のラウドネスメーター『LMS-16』がバージョン1.1になり、展示されます。1.1の詳細は現地からお伝えしましょう。

放送/ポスプロ業界への参入からたった10年で業界で無くてはならない存在になったNugen。私たちもその功をお祝いしたいと思います。アムステルダムからのレポートをお楽しみに!

Nugen Audio

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、5.00点です。
この記事に対して、1名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート