HEADER

2015_aes_rockon_logo.png
AES2015 Day2 : Eventide

パンくずリスト

フェードバナー(780px)

AES2015

AES2015 Day2 : Eventide

Eventideの歴代名機をプラグイン化しバンドルしたAnthology Xの発売にちなみ、数多くの実機の展示が。ソフトもハードも目移りしてしまう!

AES_NY_1DayB_9

Anthologyが待望のカムバックを果たしたEventide。やはり展示の中心はそのAnthology Xを中心としたもの。それにちなんでか、目立つところに懐かしい黒いパネルのアウトボードが多数!?

Eventide at aes2015

新しくリリースされたAnthology Xは待望のAAX対応と共に、GUIのリフレッシュが行われ、オリジナル機器を強くイメージさせるものへと更新されています。それを受けて、オリジナルの実機を引っ張りだしてずらりと並べたといったところ。往年の明記がこれだけ揃うと、それだけでもウキウキしてきますね。ひとまず、プラグインのことをうっかり忘れそうになります。

Eventide at aes2015

そして、Delayはこの様に中の基盤を見せるといったこだわり。プラグインとはどんどん違う方向に。。。。このように、物量作戦でDelayを作ってたんだな、とひとしきり基板鑑賞してしまいました。

AES_NY_1DayB_14

こちらが プラグインの画面。実機を見た後だと有り難みが違います(笑)空間系、モジュレーション系としては、やはり、一世代を気付いたメーカー。実機を知らない方にも、そのサウンドを是非とも楽しんでもらいたいと思います。独特の粘りのあるサウンドは、プラグインでも健在。

Eventide at aes2015

最新のプラグインフォーマットに帰ってきたEventide Anthology X。17種類のプラグインが入ったバンドル。11/30まではイントロプライスとして¥99,800とお買い得。これさえあればモジュレーション、空間系はバッチリと言える充実の内容です。何処までもエディット出来るH3000は一度は使ってもらいたい銘機の一つ。ハードウェアよりも圧倒的にパラメーターエディトがし易いプラグインで練習してから、実機を手に入れるというのはいかがでしょうか?

Eventide

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、3.60点です。
この記事に対して、5名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加


『AES2015 ショーレポートの各記事へのコメント』または『eStore製品レビューを投稿』いただくことで、抽選で超特価製品の購入が可能となります。レビュー投稿時のお名前(匿名等)を特価製品注文時の備考欄に記載ください。沢山のレビューをお待ちしております!!

この記事に関するツイート