HEADER

AES 2014

AES 2014 : TUBE-TECH

Low Pass と High Pass Filterを直感的に操る HLT 2A が登場!

AES 2014 TUBE-TECH HLT 2A

 

真空管を使ったハンドメイドのアウトボードにこだわり続ける、青い筐体が印象的なデンマークのアウトボードメーカー TUBE-TECH。

中でも代表的な「CL1B」は今でもレコーディングスタジオのレギュラー機材として様々な場所で見ることができ、独特なオプティカル素子を使用したコンプレッションと真空管から最良のサウンドを引き出す設計思想が相まって、多くの根強いファンを生み出しています。

そんな硬派なメーカー「TUBE-TECH」から珍しくニュープロダクトが「HLT 2A」が今回、AES 2014でお披露目となりました。

AES 2014 TUBE-TECH

「HLT 2A」は Stereo Hi&Lo Shelving and Tilt Filterとなっています。なるほど「H=High,L=Low,T=Tilt 2=Stereo」ってことですね。

TUBE TECHの型番はそれだけでおおまかな機能がわかるのでわかりやすいですね。

さて、Hi&Loのシェルビングの機能にプラス「Tilt Filter」ってなんでしょう。これはCenter Freqを中心にそこから上と下をシーソーのように、Highをブーストすると Lowがカットされ、LowをブーストするとHighがカットされ相互関係をもつフィルターを指します。

全体の音を派手にしたいときはTiltをHigi方向にブーストすればよく、少し重心を下げたいと思った時はLow方向にブーストすればいいわけですね。

どちらかというと直感的に質感をコントロールできる音楽的なツマミといってもいいのではないでしょうか。

シンプルな設計故に高音質のプロダクト。リリースも待ち遠しいですね。

一つ難点があるとすれば「TUBE-TECH」製品の国内価格の高さ。良い製品を多くのユーザーがもう少し手軽に入手できるようになってくれれば嬉しいです。

Writer Sakata

TUBE-TECH

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、3.71点です。
この記事に対して、7名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート


ショー・レポート記事を検索

ショー・レポート記事を検索

フェードバナー(244px)

  • miyaji
  • miyaji
  • miyaji
  • miyaji
  • miyaji
  • Crypton

Twitter

Follow me

facebook

Follow me

ページの先頭へ戻る