HEADER

AES 2014

AES 2014 : LEWITT

国内でも評価と認知度が上昇中の新進気鋭マイクロフォンブランドLEWITTからは待望のUSBマイクDGT650が11月発売へ秒読み!

ローマン氏のデザインとクオリティへの高いこだわりの元、国内でも評価と認知度が上昇中の新進気鋭マイクロフォンブランドLEWITT。

AES2014 からのNEWSは待望のUSBマイクロフォンDGT650が11月に発売開始とのこと! 『All-in-one home recording solution』をキーワードにUSBマイクロフォンの新たな一歩を踏み出す機能性の数々はローマン氏のこだわりが現れています。

AES 2014 LEWITT

 

DGT650はUSBマイクロフォンとしての利点を活かし、本体ヘッドフォンアウトからはダイレクトモニタリングかPCからのリターンかを切り替える事が可能。さらにステレオラインインを搭載する事で、ギターや鍵盤をベースとしたシンガーソングライターにとってはまさにPCとこれ1本でレコーディング環境が出来てしまう文字通りの『All-in-one home recording solution』!
24bitで44.1〜96kHzまで対応する本格仕様
3パターンのローカット、3パターンのPadスイッチなど音作りの幅も広く、様々なアプリケーションに1本で対応。本体イルミネーションで暗所でもセッティングの確認ができ安心です。ダイヤフラムは写真からもわかるようにX-Y仕様のステレオマイクに仕上がっています。それでいてデザインは丸くならず、全身金属製のブラックボディ、そしてスチールメッシュグリルが放つプロフェッショナルマイクの質感も魅力。

AES 2014 LEWITT
パッケージには精悍なブラックキャリングケースにはショックマウントにウインドシールドも付属。使用環境もWin(ASIO)&Mac(Core Audio)での使用はもちろん、内蔵リチウムイオンバッテリーでの動作も可能と汎用性にも優れているのも魅力。
マイクとこのインターフェースとの接続は、専用のロック付きのケーブルを利用。普通のUSB Micはロックが無いので、引っ張ると抜けてしまったりということが有りましたが、カッチっとロックするケーブルが付属します。(ガラケーの充電ケーブルみたいなコネクターです)
そして、そのソリューションに合わせてiAppとしてLewitt Recorderを無償でリリース。写真の通りマイクセッティングまでアプリケーションからコントロール出来てしまいます。

iPhoneをお持ちの方であれば、このDGT650一つで、かなりいろいろなことが出来てしまいますね!!! ステレオとモノ双方での動作と相まって活用の幅は無限大!まさに『All-in-one home recording solution』完結です!早く実機を試してみたい!

AES 2014 LEWITT

そしてこちらは10月より国内でも販売が開始されたLCT550。セルフノイズ 0dB-Aを実現した唯一無二にして最も静寂なラージ・ダイアフラム・コンデンサー・マイクとして話題のモデル。140dBもの高いダイナミック・レンジとが織りなす未体験のダイナミクスを是非店頭で!

AES 2014 LEWITTAES 2014 LEWITT

LEWITT

Writer Takemoto

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars

現在、5点満点中、3.50点です。
この記事に対して、6名の方が採点に参加してくれています

Loading ... Loading ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事に関するツイート


ショー・レポート記事を検索

ショー・レポート記事を検索

フェードバナー(244px)

  • miyaji
  • miyaji
  • miyaji
  • miyaji
  • Crypton

Twitter

Follow me

facebook

Follow me

ページの先頭へ戻る