Line 6 Helix ギタープロセッサーのフラッグシップが登場!「不可能」の領域を超えたサウンドとマスターコントロール!


150615_line6_magazine_508

Line 6からギタープロセッサーのフラッグシップ Helix(ヒリックス)が発表されました。

Helixはフロアタイプの『HELIX』とラックタイプ『Helix Rack』、そしてRackモデルのコントローラーに当たる『Helix Control』の3モデル。

helix

rack

helix_cntl

 

Helixは長年Line 6社が先陣を切って進めていたアンプ/エフェクトモデリングを一新し音質を過去最高グレードのものにしただけでなく、ライブでのプレイヤビリティにまで関わるギターサウンドの全てを統括する『REAL SMART CONTROL』のコンセプトを持ちます。

サウンド

デュアルDSPによるモデリングサウンドはまさに過去最高のクオリティを実現。これまでモデリングでは「不可能」とされていた、アンプの挙動やダイナミクスの追従、微妙なコンプレッション感までを高い質で再現します。またLINE6が評価されるディレイや空間系エフェクトのサウンドもさらに研ぎ澄まされています。

また、Helixは3rdパーティー製のキャビネットIR(インパルスレスポンス)情報もロードして使うことができるということです。キャビネットの響きがモデリングする本家のメーカーから提供されたり、博物館級の貴重なキャビネットの箱なりを得る事も夢ではありません。

抜群の操作性

LCD

高精細なカラーディスプレイ:800×480 6.2インチ カラーLCD

switch

スクリブル・ストリップ:フットスイッチのラベルとLEDリングの色をカスタマイズでき、文字と色両方で状態を確認できる

タッチセンシティブ・フットスイッチ:タッチで選択、長押しでアサイン、押して確定。

 

ギタリストとエンジニアが求める全てに対応する拡張性

 helix_b

Rack_b

・可変インピーダンス機構を搭載、123dBMPダイナミクスを誇るアナログ入力
・ファンタム電源を備えたスタジオクオリティのマイクプリアンプ
・独立した4つのエフェクト・ループ
・USB 経由、リアンプ機能搭載8IN/8OUTオーディオI/O機能
・LINE 6のモデリングギター VARIAXの統合機能
・MIDI I/O、S/PDIF I/O、L6 LINK&AES/EBU出力
・トラディショナルなアンプやストンプボックスのリモートコントロール(CV)


Line 6 Helixの発売時期は未定。海外のWebサイトでHELIXが約$1,500、Helix Rackが約$1,600という情報もありますが、日本で発売される頃にはいったいいくらになるのでしょうか。HelixはLine 6 ギタープロセッサーのフラッグシップにあたりますが、もしFractal Audio Systems Axe FX II(¥367,200)と肩を並べるクオリティであればコスト面でとても有利。Axe FX IIやKEMPER PROFILING AMPのようなアンプのキャプチャー機能などは無いようですが、Helixは『良い音を作ってギターを弾く』という最も重要な部分にスポットライトを強く当てているようで、そのために明瞭で手早いワークフローで操作ができる工夫なされています。「早く音を出したい、それも確実に熱いサウンドを。」Helixはギタリストの望みに即効で応えてくれそうです。

詳細な情報はこれから時間をかけて公開されていくようですが、非常に興味深い、久しぶりに期待させてくれるギターツールとしてHelixの追加情報を見守っていきたいと思います。

Line 6 Helix


最新記事ピックアップ

記事を検索!

日々更新の膨大なニュースから、
記事を検索できます!

特集

製品レビュー、製品発表会、
Rock oNセミナーレポートなど
全ての記事 >>

店頭でリアルを体感し
プロダクトを選び抜け!

夢のスタジオを展示と共にご提案
全ての記事 >>

Rock oN Staff Blog

Rock oNスタッフがプロ視点で
各種製品にDeepに切り込む!

Rock oN Umeda Blog

一緒に作ろう!Rock oN Umeda
全ての記事 >>

People of Sound

音をクリエイトし、活躍している人を
ご紹介するコーナー
全ての記事 >>

Show Report

NAMM ShowやAES CONVENTIONなど、
現地からレポート!
全ての記事 >>

月別アーカイブ!

日々更新の膨大なニュースを