吉田保の独断ミックスコンテスト:いよいよ吉田保MIX発表!!


20150120_y_mix_title

昨年末開催された「吉田保の独断ミックスコンテスト」!! 数多くの応募楽曲の中から1位に選ばれた”Please Mr. Santa Clause / GOW”のミックスが完了しました、吉田保氏のノウハウと手腕でどのように生まれ変わったか!! 楽曲データを遂に公開です!!

20150120_y_mix_gow

全て宅録でのシンプルなクリスマスソング。作詞作曲家、サウンドプロデューサーとして活動しています。青木多果です。
今回製作中の歌手GOWさんの楽曲を提出させて頂きました。

歌、作詞/GOW
作曲編曲、レコーディング/青木多果
ホーンアレンジ/島裕介 青木多果
ギター/森永達哉
コーラス/GOW&KEN from YU-KEN
ジャケット/オオノマユミ


いよいよ
”Please Mr. Santa Clause 
 mixed by 吉田保”
吉田保氏のコメントとともに
公開です!!

yoshida

コメント

選曲にあたって考えたのは生楽器、打ち込みが適度に入っているものとした。理由は音楽の基本である3大要素、リズム、ハーモニー、メロディーが満足しているものとし、その結果この曲に決定。特にコーラスパートの充実がしていてバランス上、Mixが面白くなってくる。アレンジもしっかりとしていて楽しいくリズム感も大変良い。今時、Vibも入っているアレンジはなかなか無く昔を思い出す感がある。その中で現代風の音色感、エコー感を出してみてMixした。ヴォーカルも上手だしコーラスも上手でやりがいがあった。私の感想であるが、Brassセクションの和音構成は惜しいかなクロスにしたほうのが一体感が出てくるように思われる。全体的にデキシーランドジャズ風仕上げてみたが如何なものか。


プロフィール

吉田 保 氏

レコーディング・エンジニア (JAREC理事長)
1946年、埼玉県に生まれる。1968年、東芝EMI録音部入社を皮切りにRVC録音部、CBS/SONY六本木スタジオ(チーフ・エンジニア)を経て、1989年に独立。2007年よりミキサーズラボ所属。これまでに山下達郎、竹内まりや、稲垣潤一、大滝詠一、吉田美奈子、浜田省吾、ザ・スクエア(現T-SQUARE)、松田聖子、Kinki Kids、ゴスペラーズなどを手がける。

惜しくも1位を逃しましたが、2位から第5位までの楽曲を
吉田保さんのコメントとともに発表。


SHIPEI
Song for you

SHINPEIの楽曲です。作詞/作曲:SHINPEI 編曲:mia。唯一無二の声で熱く歌いあげるレゲエシンガーSHINPEI。今は活動休止中ですが、SHINPEIが作詞/作曲、miaが編曲/プロデュースの形で一緒に制作した思い出のある曲で応募させて頂きました。歌、ギターは生、それ以外は打ち込みで、全て宅録で仕上げてます。アレンジ含め良い雰囲気が出せたと思います。

yoshidaこちらも素晴らしい曲で、正直、1位と僅差の評価で、選考に大変悩みました。楽曲の方向性にふさわしいサウンド作りがされていて、アーティストの個性を大切にした丁寧な作りをしていますね。応募曲中、唯一の裏打ちで、レゲーマナーに沿ったアレンジながらも、ボーカルとアコギの暖かさをリバーブで上手く演出できていると思います。ボーカル、アコギの生録音に、上手く打込みをとけ込ませたバランスもいいです。あえて言えば構成。リズムが入ってからエンディングまでに静かになる構成を挟まず、そのままのノリを保ったままでもよかったのでは、と思います。

rimacona(リマコナ)
月に歌う

京都旧嵯峨御所 大覚寺で行われている「観月の夕べ」コンサートのために2012年に作曲したものです。誰もが共感できる歌詞と、口ずさんでもらえるようなメロディーラインを意識してつくりました。すっと耳に入る爽やかで美しいピアノでの構成もポイントです。

yoshida楽曲としての完成度は高いですね。うっすら重ねたパッド系のシンセや、リズムの音色選びは、歌詞の世界感に沿った丁寧な作業がされていて好印象です。アドバイスするとすれば、アレンジにもう少し強弱のコントラストを付けてあげれば、さらに曲自体の魅力がアップして、rimaconaさんの歌の存在感も増すと思います。

AKI(アキ) produced by crayonics ( music please records. )
hero in your mind

どこか懐かしいキラキラした感じを取り込みつつ、”今っぽさ”も盛り込んで作製しました。デッジを出しつつもPOPとして気軽に聴ける内容、テイストを目指しました。誰でもが心の奥に秘める幼い頃に抱いたヒーローやヒロインへのオマージュをAKI的に表現した楽曲。

yoshida主にベースですが、シンセの使い方が効果的でアクセントになってますね。このシンセベースのサウンドと、(歌詞を含めた)ボーカルの組み合わせが、一筋縄で行かない存在感があり耳に残ります。ミックスも、その2つを強調したバランス作りがされていて、曲の魅力を引き出していると思います。リズムですが、2拍4拍の強弱が少なく、それ故単調に聞こえのが気になりました。打込みや音色のチョイス、ミックスで解決すればもっとグルーブ感がでるのではないでしょうか?

吉川 雄飛
イロ

シンプルな楽器アレンジで、曲本来のパワーが伝わるようにアレンジしました。

yoshidaしっかりとした曲構成がされていて、曲全体に力強さを加えていると思います。その反面、リズムがやや単調気味になっているので、次はリズムアレンジに目を向けてみましょう。テンポを揺らしてみたり、クリックを使ってるなら外してみる、などして人間的な揺れを加えてみてはどうでしょうか?


総評

ジャンルはクラッシックから、ジャズ、ロック、ハウス・テクノの打ち込み、そしてヴォーカロイド系まで多岐に渡り、沢山のご応募ありがとうございました。演奏、録音自体のクオリティは全般的に高かったと思います。ただそれは、敢えて言うとですが、ソツの無い音楽が多く、やぶれかぶれくらいの個性を感じささせる楽曲があった方が、音楽としての面白みが増すのでは?と思いました。(優れた音楽には強烈な個性が必要だと思います。)

「楽曲で人に何を伝えたいか。」が重要です。このことを常に意識してみるようにして、皆さん、素晴らしい音楽を作って下さい。


最新記事ピックアップ

記事を検索!

日々更新の膨大なニュースから、
記事を検索できます!

特集

製品レビュー、製品発表会、
Rock oNセミナーレポートなど
全ての記事 >>

店頭でリアルを体感し
プロダクトを選び抜け!

夢のスタジオを展示と共にご提案
全ての記事 >>

Rock oN Staff Blog

Rock oNスタッフがプロ視点で
各種製品にDeepに切り込む!

Rock oN Umeda Blog

一緒に作ろう!Rock oN Umeda
全ての記事 >>

People of Sound

音をクリエイトし、活躍している人を
ご紹介するコーナー
全ての記事 >>

Show Report

NAMM ShowやAES CONVENTIONなど、
現地からレポート!
全ての記事 >>

月別アーカイブ!

日々更新の膨大なニュースを