• 2014.12.15

本家NEUMANNからU47 FETが復刻!70年代を代表するマイクロフォンがカムバック!


U87、U67などと並んで、国内の歴史ある多くのレコーディングスタジオで今でも常備されているNEUMANN U47 FET。今年10月のAESで本家NEUMANNから復刻が発表され、Rock oNショーレポートでもレポートをお届けしました。待ちに待った、実機が渋谷店に到着しましたので、さっそく写真とともにご紹介します。

まずは歴史を簡単におさらい。第二次大戦後、世界中のレコーディングスタジオで名盤を録音したNAUMANN U47は、リッチでウォーミーなサウンドの元となるVF 14 M真空管が生産完了になったため、やむを得なく生産終了に追い込まれました。その後継機種として1969年に生まれたU47 FETは、先代の真空管回路をFET式に変えたモデルです。

今でも由緒あるレコーディングスタジオではオリジナルのU47 FETを複数本を備えており、ボーカル、ソロ楽器、またPADを用いキックなどドラム録りにも使用されています。ヴィンテージで入手するとなると、40万円はくだらない価格がつく上に、メンテナンスもそれなりに手がかかります。このU47 FETの再発は、スタジオ関係者やマイクロフォンファンには嬉しいニュースです。

このU47 FET復刻に向け、Neumannはオリジナルの設計図や回路図を基に生産しました。各個体にはシリアル番号が記載された個別の証明書と、写真の通り美しい木製ケースが付属します。もちろん、NEUMANNといえば、U87Aiが売れ線ではありますが、楽器や好みによっては、もう少し重心が低めで、ウォーム&ヴィンテージ感のある音が好きという個人ユーザーもいるでしょう。真空管マイク等とともに、本機も候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

大きさの比較のために、U87Aiと並べて撮影したのでご参考に。サイズや筐体の質感、サスペンション構造がヴィンテージ感溢れる出で立ちで、ニッケルのマット仕上げは、他モデルより気持ち粗めで、物欲・所有欲を刺激されます。

現在のところ、発売時期(出荷時期)は未定、販売価格は46万円前後を予定しているとのこと。渋谷店には今週末まで展示機がありますので、この機会にぜひご試聴いただければと思います。

NEUMANN
U47 FET

¥ 447,120 (本体価格:¥ 414,000)

8,942 ポイント還元

70年代を象徴するマイクが本家にてカムバック!!

1986年の最終生産以来、28年振りに再生産されました。製造番号もその最終番号から継続となります。 古いポラロイド写真の独特な表現と、1970 年代の典型的なサウンドは、すぐに認識できます。ポラロイドの審美性と同様に、その革新的な期間のサウンド概念は、今日のデジタ...


最新記事ピックアップ

記事を検索!

日々更新の膨大なニュースから、
記事を検索できます!

特集

製品レビュー、製品発表会、
Rock oNセミナーレポートなど
全ての記事 >>

店頭でリアルを体感し
プロダクトを選び抜け!

夢のスタジオを展示と共にご提案
全ての記事 >>

Rock oN Staff Blog

Rock oNスタッフがプロ視点で
各種製品にDeepに切り込む!

Rock oN Umeda Blog

一緒に作ろう!Rock oN Umeda
全ての記事 >>

People of Sound

音をクリエイトし、活躍している人を
ご紹介するコーナー
全ての記事 >>

Show Report

NAMM ShowやAES CONVENTIONなど、
現地からレポート!
全ての記事 >>

月別アーカイブ!

日々更新の膨大なニュースを