Universal Audio UAD v7.0ソフトウェアが公開されました


Universal AudioからUAD-2、UAD-2 Satellite、Apollo各シリーズに共通のUADソフトウェアの最新版v7.0が公開されました。

この度のバージョンアップでは新プラグインが3種類が加わりました。

中でも、アメリカの有名レコーディングスタジオ Ocean Way Recording’s のStudio AとStudio Bの響きを再現する「Ocean Way Studios プラグイン」は世界発となるダイナミック・ルームモデリング・プラグインです!

Ocean Way Studios プラグインには「REVERBモード」と「RE・MICモード」という2種類のモードがあります。

「REVERBモード」ではOcean Way Studiosの響きを加えることができ、「RE・MICモード」では最大3種類のビンテージマイクをNEAR、MID、FARという距離にセットして、あたかもスタジオで収録したかのような空気感を加えることが可能!さらに、その3種類のマイクの割合もブレンドできるので、ミックスする音源に対して最適な処理が加えられます。

ほかにも、独自のアルゴリズムによって聴感上の音量をかせぐことが可能なリミッター「Sonnox® Oxford Inflator」、チューブ特有のディストーションサウンドの効果が得られるサチュレーション・プラグイン「SPL® TwinTube Processor」が追加と、UAD-2プラグインがさらに強化されました。

Sonnox® Oxford Inflator プラグイン

SPL® TwinTube Processor プラグイン

バージョン7の新機能はまだまだあります!Pro Toolsに外部アウトボードを簡単にインサーションできる「PT Mode」を新搭載。さらに、バーチャルインストゥルメントやDAWのトラックでのリアルタイムUAD処理を可能にする「Virtual I/O」機能も追加されました。

特に注目したいのが、NAMM Show 2013でも話題となった「Apolloのマルチユニットカスケード」に対応したことです。これにより2台のApolloをカスケードすることが可能になりました。以下リンクのRock oNレポート記事で、その詳細をチェックしてみてください。

※UADの進化を感じるNAMM Show 2013のRock oNレポートはこちら!>

※Apolloマルチカスケードの仕組みとメリットをおなじみICHI氏が動画で解説!>

UAD v7.0 ソフトウェアの新機能:

・Ocean Way Studios プラグイン
・Sonnox® Oxford Inflator プラグイン
・SPL® TwinTube Processor プラグイン
・Apolloシリーズのマルチカスケードに対応
・Virtual I/Oに対応
・PTモードを搭載

※プラグインは別途オプションとして購入する必要がありますが、14日間に限り無償で全機能完全版を使うことができます

  • 注意:Windowsではドライバーソフトウェアをインストール後にApolloを接続すると、「Apollo console Installer」が自動起動します。この際、ウイルス・ソフトウェアがインストールを妨げる可能性があります。ウイルス対策のソフトウェアを必ず停止した状態でインストールを行ってください

UAD-2製品の在庫状況はこちら!


最新記事ピックアップ

記事を検索!

日々更新の膨大なニュースから、
記事を検索できます!

特集

製品レビュー、製品発表会、
Rock oNセミナーレポートなど
全ての記事 >>

店頭でリアルを体感し
プロダクトを選び抜け!

夢のスタジオを展示と共にご提案
全ての記事 >>

Rock oN Staff Blog

Rock oNスタッフがプロ視点で
各種製品にDeepに切り込む!

Rock oN Umeda Blog

一緒に作ろう!Rock oN Umeda
全ての記事 >>

People of Sound

音をクリエイトし、活躍している人を
ご紹介するコーナー
全ての記事 >>

Show Report

NAMM ShowやAES CONVENTIONなど、
現地からレポート!
全ての記事 >>

月別アーカイブ!

日々更新の膨大なニュースを