ペンで書いたスケッチがシンセサイザーに!最先端インタラクティブ技術が生んだSketchSynthをご紹介!


Billy Keyes氏が開発したSketchSynthは、「モメンタリーボタン」「トグルスイッチ」「スライダー」という3種類のパラメーターを紙に書き込むと、それがシンセサイザーになってしまうという摩訶不思議な装置です。

SketchSynthは、スケッチ読み取るカメラ、パラメーターを映し出す特殊な映写機、そしてメインプログラムのopenFrameworkで組み上げられています。現時点では楽器として製品化されているものではないので誰でも簡単に導入できるものではありませんが、こういった面白い発想と最先端技術の結びつきが、Reactableのようなすばらしい楽器を生み出すきっかけとなることでしょうね。今後SketchSynthがアーティストの感性を刺激する、夢のような楽器になっていくことを期待します。


最新記事ピックアップ

記事を検索!

日々更新の膨大なニュースから、
記事を検索できます!

特集

製品レビュー、製品発表会、
Rock oNセミナーレポートなど
全ての記事 >>

店頭でリアルを体感し
プロダクトを選び抜け!

夢のスタジオを展示と共にご提案
全ての記事 >>

Rock oN Staff Blog

Rock oNスタッフがプロ視点で
各種製品にDeepに切り込む!

Rock oN Umeda Blog

一緒に作ろう!Rock oN Umeda
全ての記事 >>

People of Sound

音をクリエイトし、活躍している人を
ご紹介するコーナー
全ての記事 >>

Show Report

NAMM ShowやAES CONVENTIONなど、
現地からレポート!
全ての記事 >>

月別アーカイブ!

日々更新の膨大なニュースを