株式会社メディア・インテグレーション Rock oN Company | 03-3477-1756

2015年4月17日 特集, , ,

APOLLO 8を含む最新のインターフェースをPD安田が3つのポイントで一挙ご紹介!


adv

話題のインターフェースが2015年4月28日まで18回無金利ローンの対象!このキャンペーンを利用して、導入したかったサウンドの核となるハイエンドI/Oを手に入れよう!是非このチャンスをお見逃しなく!

新しく発売となったUniversal Audio「APOLLO 8 QUAD」からRME「Fireface UFX」、Antelope「ZEN Studio」そしてAPOGEE「Symhpony I/O」が無金利対象となっています。もちろんその他のハイエンドインターフェースも対象に!2015年4月28日までのキャンペーンとなりますので、是非このチャンスにハイエンドI/Oをご検討ください!

1.001


Universal Audio APOLLO 8 DUO

Musikmesse 2015にて発表となったUniversal Audioの新製品「APOLLO 8」!新しく黒を基調としたAPOLLOはサウンドの安定感がより一層磨きがかかり、至高のインターフェースを位置づけています。

☆PD安田のおすすめ3つのポイント!

・UADプラグインで実機のマイクプリを再現、録音!
・最大6つのUADシステムを構築!申し分ないDSP数でフル活用が可能!
・Auto-Tune Liveなど今後発表のプラグインがすごい!

何と言っても、Apollo Twinで実現となった「マイクプリ」プラグインがAPOLLO 8でも使用可能になりました!UA-610のマイクプリからNeveなどの名器と呼ばれるマイクプリを1台のインターフェースで実現します!

他にもUADの新Version 8になってからマイシステム管理が4つから6つに増えており、最大6台を自身の同じシステムに組み込むことができます。(APOLLOは同時に4台まで、トータルで6台までのUADデバイスがThunderBolt接続によりカスケードできます)

これはズバリ自身が購入したUADライセンスを6台まで共有することができるようになり、ミックスやマスタリングではAPOLLO 8を使用し、外での持ち運びにはAPOLLO TWINを使用し、ライセンスを共有するといった使い方が可能になります。

そしてAPOLLOをコントロールするUAD ConsoleもVer,8より一新されており、よりユーザーへの使いやすさを考慮し、各チャンネルへのプラグインインサートや、ルーティング設定、さらにモニタリングとレコーディン時における掛け取りを実行する、しないと言った細かい設定、使用が可能になっています。

今後の予定で、アップデートによりAuto-Tune Liveやギターアンプのモデリングといったプラグインも登場予定となっていますので、UADを中心としたシステム構築には欠かせないメインインタフェースと言えるでしょう!


¥ (本体価格:¥ )

ポイント還元

洗練されたサウンドを実現する次世代コンバート技術と4台まで同時使用を可能にする”ミックス&マッチ”機能を実現

18kai18回払いなら月々¥14,700〜



¥ (本体価格:¥ )

ポイント還元

Neve, API, Universal Audioなどの名機をエミュレートしたプラグインを掛け録りできるUnison™対応のマイクプリアンプを4基搭載!

18kai18回払いなら月々¥18,600〜

Apogee Symphony I/O & Ensemble

150218_apogee_5081-1

☆PD安田のおすすめ3つのポイント!

・Apogee技術のクリアでパワフルなAD/DA!
・Maestroによる使用用途に合わせたルーティング設定が可能!
・新ソフトウェアアップデートでEnsembleが最大4台までのデイジーチェーン可能に!

Apogeeのフラグシップモデル「Symphony I/O」と2月に発売となった「Ensemble」はApogeeらしいクリアで迫力あるサウンドが特徴的です!さらにMaestro管理による内部ミキサーの設定、ルーティングや外部アウトボード、マスターコンプに通して戻す事も可能、EnsembleはREAMP端子が独立で搭載しているので、実際にスタジオに持ち運んでじっくりアンプの音作りをした後に再度レコーディングすることも直結で行うことができます。レコーディング、ミックスマスタリングにはもってこいのインターフェースとなっています!


¥ (本体価格:¥ )

ポイント還元

卓越した高音質、そしてThunderbolt 2のフル・パフォーマンスをその手に18kai18回払いなら月々¥18,500〜



¥ (本体価格:¥ )

ポイント還元

2×6 Analog I/O + 8×8 Optical I/O + AES I/Oと、Symphony I/Oシャーシのセット

18kai18回払いなら月々¥15,000〜



¥ (本体価格:¥ )

ポイント還元

Mac専用 マルチチャンネルオーディオインターフェイス「Symphony I/O」と入出力拡張カード「8×8 Analog I/O + 8×8 AES/Optical」のセットです18kai18回払いなら月々¥16,500〜

RME Fireface UFX & 802

20140612_rme_5082-508x199

☆PD安田のおすすめ3つのポイント!

・PC、MacのメインI/Oとして絶対安心のドライバー!
・モニターに最適な色付けの少ないフラットなサウンド!
・Total Mixでアナログミキサーのような自由自在のルーティング設定!

PC、Mac問わず、最高の安定性を誇るRMEのFireface UFX & 802!そしてサウンドはモニターとしてふさわしい色付けの少ないフラット出音が特徴的と言えます。そしてドライバーの安定力さは非常に素晴らしいポイントで、レイテンシーの少ないI/Oとしても、大きな特徴となります!

また本体の内部ルーティング設定でもTotal Mixを使用すれば、まるでアナログミキサーの様に自由自在なルーティングを組む事も可能です。1Uながらも中身は多機能で便利な至高のインターフェースとなっています!


¥ (本体価格:¥ )

ポイント還元

RMEのフラッグシップ。30イン/30アウト 24bit/192kHzサポート USB&FireWire オーディオインターフェイス。

18kai18回払いなら月々¥14,200〜



¥ (本体価格:¥ )

ポイント還元

次の10年を見据えたプロフェッショナルのためのオーディオ・インターフェイス

18kai18回払いなら月々¥12,100〜

Antelope Zen Studio Portable Audio Interface Red & Orion 32

130225_adv_antelope_508_200

☆PD安田のおすすめ3つのポイント!

・Antelopeが誇る最高峰のクロックを搭載!
・1Uサイズながらも類を見ない、豊富なI/Oを装備!
・最高峰のクロックに相応しいAD/DAの搭載!

世界的に大人気を誇る「Isochrone Trinity」を繰り出しているAntelope Audioですが、このクロック技術を搭載し、最高のAD/DAを搭載したI/Oが登場!安定したクロックにより、より忠実でピュアなサウンドが特徴的で、さらにZen Studioは12チャンネルのマイクプリを備え、Orion 32ではその名の通り、32chの入出力を装備しています。

多チャンネルで現場にI/Oとして持ち運び、あるいはAD/DAコンバーターとして使用しつつ、Word Clockで他の機材との同期など、どの分野においても熟してくれる最高の逸品になります!



いかがだったでしょうか!?気になるインタフェースが多くて悩むところかと思います。どのインターフェースか選ぶのが難しい方は是非Rock oN 安田までお気軽にご相談ください!

また上記で紹介したのハイエンドI/O以外にも多数対象のインターフェースがありますので、是非チェックしてください!

Rock oN渋谷店舗のご案内
カテゴリー別に注目記事をピックアップ!