株式会社メディア・インテグレーション Rock oN Company | 03-3477-1756

2014年7月25日 新製品, ,

SE Electronics SPACE 圧倒的な支持を受けているリフレクションフィルターシリーズの決定版!


いまやスタジオの定番アイテムとなったマイクレコーディングの必需品!SE Electronics社のReflexion Filterにフラッグシップモデルが登場しました!

Reflexion Filter – SPACE は世界中で圧倒的な支持を受けているリフレクションフィルターシリーズの決定版です。

“SPACE” とはもちろん「空間」を意味しますが、”Specialized Portable Acoustic Control Environment” の略とあえて定義し、この製品の原点である「誰でもがどこでも最高の録音環境を得られるように」というコンセプトをより追求しています。

国際特許を持つ多層構造によるエアギャップ仕様は、他社が真似できない技術であり、その業界標準ともいうべき Reflexion Filter Pro の性能をさらにアップすることに成功しています。

より広いサーフェイス部を持ち、ボーカルや楽器のプロフェッショナルレベルのレコーディングで威力を発揮するよう、どのような部屋でも驚くほどのアイソレーション効果を得られます。このSPACEでマイクを囲むことによって楽器やボーカルの直接音を壁に到達することを制限し、マイクへの反射を極限まで低減します。

SPACE の設計には前例のない10層にも及ぶ特許エアギャップ仕様 (Reflexion Filter Pro は9層) が採用されています。さらに新たに採用された7基の“バーチカルベースピラー”によってエアギャップを広く取ることができ、その結果として拡散をより分散させることができます。

これだけの多層構造ながらマテリアルを見直すことにより、軽量化も実現しています。

また、SPACE には新しいマウント金具を付属しました。細かい調整が効き、水平にも垂直にも確実にロックできる堅牢なクランプです。これにより様々な角度で、確実なレコーディングを可能にします。

他者の追従を許さないリフレクションフィルターの決定版、Reflexion Filter – SPACE こそが次世代の業界標準モデルといえます。

10層のマルチレイヤーの構造

1. 7基のバーチカルベースピラー層
2. 穴の開いたアルミの拡散層
3. ウールによる音響吸収層
4. アルミホイル箔による拡散層
5. エアギャップ(空間)によるアイソレーション層
6. アルミホイル箔による拡散層
7. ウールによる音響吸収層
8. ポリカーボネイトによる拡散層
9. 非対称のエアギャップ(空間)によるアイソレーション層
10. 特許のポリエステルファイバーボード層

※Reflexion Filter Music Standは使えません。
※画像のマイク、マイクスタンド、ポップシールドは別売です。



¥ (本体価格:¥ )

ポイント還元

★この他のReflexion Filterラインナップ


¥ (本体価格:¥ )

ポイント還元



¥ (本体価格:¥ )

ポイント還元


Rock oN渋谷店舗のご案内
カテゴリー別に注目記事をピックアップ!